髪も衰えるもの、しっかりヘアケアをして薄毛・抜け毛に立ち向かいましょう

髪も衰えるもの、しっかりヘアケアをして薄毛・抜け毛に立ち向かいましょう

年齢が上がってくると気になる部分も増えます。その内最も目立つものは髪。

 

白髪になることはもちろん薄毛や髪質の変化に悩むもの。硬さや張り、そしてさわった感触での指どおりや質感。髪の変化具合からも年を感じ始めてしまいます。

 

髪の毛のボリュームにも気がかりになってしまいます。少なくなっていく毛髪はさびしさと不健康さを感じさせてしまい、自分にも自信が持てなくなることもあるでしょう。

 

髪年齢とは?

 

肌年齢という言葉が若さのバロメーターになっている現在。髪の毛にも年齢があるのです。

 

髪の毛の表面はキューティクルといいますが、これが痛んでくると毛先が割れてきたり張りのないしなしなの髪になってきますね。

 

髪年齢は実年齢とは関係のない「髪の毛の若さ」のことです。30代を過ぎると老化しやすいものですが、若いときから気をつけたいものです。

 

髪の老化と進行

 

年をとるとまず気になるものは抜け毛と白髪。でもそれだけではないのが髪の毛の悩み。髪年齢が増えていくと、つまり髪の老化が始まります。

 

そしてそれが抜け毛へとつながっていくのです。遺伝による影響も強いといわれ、ホルモンバランスの崩れも大きいものです。

 

ストレスで髪の毛が抜けるとも言われますが、抜け毛の直接の原因とは言い切れません。

 

ストレス性の異常はありますが、髪のトラブルは原因が複数あるといわれます。専門医に診察してもらうか、民間のヘアケア専門店を訪問してみるのもいいですね。

 

ヘアケア方法

 

誰もが気になる薄毛へと進行しないように普段の髪のケアが必要でしょう。日常的にできることは、まず頭皮を清潔にすること。

 

それと同時に髪をいたわるような洗い方が大切です。ヘアドライヤーでの熱風も髪を傷めがちになるので離して使うなど気をつかう必要があります。

 

食生活でも油脂分を控えると髪にいいといわれます。必要に応じて育毛剤の使用も考えてもいいでしょう。

 

悩むよりもコーディネイト

 

髪の悩みはヘアケアで解決。他にも男女共に使えるウィッグがあります。女性用かつら(ウィッグ)はCMや雑誌などでよく見かけますが、男性用もあるのです。

 

ビジュアル系タレントが使用するような、髪のボリュームのあるふわっとしたナチュラルストレートヘア。

 

これらはネットショップでも手軽に手に入り、価格も5,000円前後と手の届く値段です。このウィッグはすぐに付け外しができるので、外出するときにかぶって他の衣類と合わせてコーディネイトしたり、複数持っている中からその時の気分に合ったものをつけられるのです。

 

自分の髪に張りやコシがなくなってきて弱ってきたと考えるなら、整髪料でかためるのも手段の一つ。

 

放置しておくと衰えた髪はくしゃくしゃになりがち。風が吹くと薄くなってきた頭皮が見えるのもあまりいいことではありませんよね。

 

見た目の若さも大切な髪の毛。整髪料はみだしなみの一つにもなりますからきれいに整えておくといいのです。

 

かつらというものは「隠す」イメージでしたが、今は「彩る」ものといえます。おしゃれですから気軽に使用して気分を変えたりファッションとして楽しみたいものですね。


関連ページ

頭皮湿疹の種類とその概要
頭皮湿疹の種類とその概要
頭にできもの・かさぶたができる原因と治し方
頭にできもの・かさぶたができる原因と治し方
頭皮のかさぶたをはがす癖を放置するのは危険!
頭皮のかさぶたをはがす癖を放置するのは危険!
頭皮環境を良好に保つための正しいシャンプーのやり方
頭皮環境を良好に保つための正しいシャンプーのやり方
帽子を取った時の独特の臭い・・・それは菌の仕業です
帽子を取った時の独特の臭い・・・それは菌の仕業です
実はストレスが原因ではない?円形脱毛症の原因と脱毛以外の症状について
実はストレスが原因ではない?円形脱毛症の原因と脱毛以外の症状について
不潔であるか否かは無関係?頭皮に住み着く「シラミ」への対処法について
不潔であるか否かは無関係?頭皮に住み着く「シラミ」への対処法について
頭皮の不衛生だけで片付けられない?「フケ」の概要と対処法について
頭皮の不衛生だけで片付けられない?「フケ」の概要と対処法について

トップページ サイトマップ