気持ちいい耳掃除のコツ

気持ちいい耳掃除のコツ

 

汚れていても汚れていなくても、耳掃除は気持ちいいものです。

 

汚い話ですが、大きな耳垢が取れた時の爽快感、内耳を耳かきでなぞる快感など、癖になる方は多いと思います。

 

ところで、そんな耳掃除がもっと気持ちよくなれるコツをご存知ですか?

 

それを知り、もっと綺麗に、もっと安全に耳掃除を行いましょう。今回は、そんな耳掃除のコツをお伝えします。

 

まず耳がデリケートである事を認識する

 

言わずもがな、耳という器官は音を認識する大切な部位です。

 

極端な話、もし耳掃除でデリケートな場所が傷付き、聴力に異常が現れてしまったら・・・?

 

耳を綺麗にする筈の耳掃除なのに本末転倒となります。

 

よって、「耳だから」丁寧に、優しく、繊細に掃除を行わなければならないという認識を持たなければならないのです。

 

絶対に「奥」はNG

 

つい耳掃除が気持ち良くて、奥へ奥へと耳かきが進んでします。しかしそれは絶対にNGであると思って下さい。

 

耳はデリケートと紹介しましたが、耳の奥・・・内耳は奥に進めば進む程デリケートさが増すのです。

 

その極めてデリケートな場所に、硬い耳かきが入り込んだら・・・内耳も傷付け、最悪鼓膜まで損傷する恐れがあります。

 

いわゆる「耳かき」は避けた方が吉

 

基本、耳掃除には「耳かき」を使用すると思います。

 

硬い柄を耳に入れ、耳垢をほり出すという手順・・・実はこれ、非常に危険なのです。

 

理由は耳かきの「硬さ」により、柔らかい内耳や鼓膜が傷付く可能性が飛躍的に高まるからです。

 

よって、綿棒等の先端が柔らかいものを使用しましょう。

 

「それでは耳垢が取れない」と思われるでしょうが、専用の薬剤を使用したりお風呂上がりの時は耳垢が柔らかいので、綿棒でも十分取れます。

 

 

「外耳から優しく」が基本

 

気持ちよさを追求した結果、つい耳掃除の最初から内耳まで耳かきを突っ込んでしまう方がいますが、それはやめておきましょう。

 

理由は、いきなり内耳に耳かきを入れるのは、まだ耳掃除が始まったばかりであり細かな内耳の距離感が掴めていない為、内耳や鼓膜を傷付ける可能性があるからです。

 

よって、外耳から優しく少しずつ内耳に向かって掃除するのがベストです。さらに外耳はツボが集中しており、「気持ち良さ」では群を抜いていますのでお勧めです。

 

気持ち良くても「毎日」は駄目

 

気持ちいいからついつい毎日・・・は駄目です。ペースで言えば概ね月に2〜3回、どれだけ多くても4回で留めておきましょう。そして、1回の耳掃除に使用する時間は3分以内です。

 

「それで耳垢が取れるの?」と疑問に思われた方・・・大丈夫です、人間の身体は不思議なもので身体に溜まったゴミや不純物を自然排出する作用があり、耳垢とて例外ではないのです。

 

まとめ

 

耳掃除は、事が起きたその瞬間から「気持ちいい」から「苦痛」に変貌します。

 

内耳と鼓膜は耳の中でも特にデリケートであり、そこを絶対に傷付けない事を意識する事が、今までより「もっと」気持ちいい耳かきを達成する事が出来るのです。



関連ページ

耳の中がガサガサ音をたてて気になる!その原因と対処法
耳の中がガサガサ音をたてて気になる!その原因と対処法
放置すると面倒な事に?中耳炎の症状や治療を解説
放置すると面倒な事に?中耳炎の症状や治療を解説
現代のストレス社会が生み出すメニエール病という疾患を知る
現代のストレス社会が生み出すメニエール病という疾患を知る
雑な耳かきが及ぼす悪影響!外耳道炎に注意
雑な耳かきが及ぼす悪影響!外耳道炎に注意
突如聞こえなくなった耳・・・突発性難聴の概要と対処について
突如聞こえなくなった耳・・・突発性難聴の概要と対処について
耳への刺激が閉鎖を生む!?外耳道閉鎖症の概要と改善方法について
耳への刺激が閉鎖を生む!?外耳道閉鎖症の概要と改善方法について
通常の外耳道炎とは比べ物にならない激痛!耳せつの原因と治療法について
通常の外耳道炎とは比べ物にならない激痛!耳せつの原因と治療法について
難聴を100%で呈する!耳硬化症の原因と治療法について
難聴を100%で呈する!耳硬化症の原因と治療法について

トップページ サイトマップ