雑な耳かきが及ぼす悪影響!外耳道炎に注意

雑な耳かきが及ぼす悪影響!外耳道炎に注意

耳かきは本当に気持ちが良いものです。特に汚れてもいないのに、ついつい耳かきを耳に入れてしまう・・・経験がある筈です。

 

ですがその行為にリスクがある事はご存じですか?うっかり耳を傷付けてしまえば外耳道炎になるかもしれません。今回は外耳道炎について知り、適切な耳かきを行いましょう。

 

外耳道炎の概要

 

外耳道炎とは、耳の外から内耳までの「外耳道」が耳かき等何かしらの接触により傷付き、細菌等が入り込み炎症を起こす病気です。

 

おおよそ一時的なものなので、その多くは何も処置せずに放置しておけば自然に治癒します。

 

ですが、一度炎症を起こした後にそれが治まらない、治癒しない場合、もしかすると免疫系の疾患がある可能性もあるので要注意です。

 

なお、炎症箇所に緑膿菌と呼ばれる細菌が感染した場合、悪性外耳道炎に進行する事があります。

 

こうなると治療が難しくなり、炎症が皮膚に止まらず骨を溶解させる事もあるので、多くは放置で問題の無い外耳道炎ですが早めに治療するに越した事はありません。

 

さらに真菌(カビ)が付着する事もあり、激しい痒みを伴う事もあります。

 

どのような症状か

 

基本的な症状としては、「痛み」と「痒み」です。耳の閉塞感を覚えたり、耳だれが多く出てきたりする事もあります。さらに炎症が進行した場合は、難聴の症状を示す事もあるようです。

 

ですがこれらの症状については、その多くは炎症が治まれば自然に消失して行き、何事も無かったかのように完治します。

 

ところが、前述した悪性外耳道炎への進行や真菌の付着があった場合、「本来の外耳道炎の症状」が以前より強烈になり、明らかな異常を感じ取る事が出来ます。

 

さらに放置してしまうと、耳周囲の骨への影響や炎症のさらなる悪化で、最終的に耳の機能が低下する恐れがあるので早期治療を心掛けなければなりません。

 

⇒ 放置すると面倒な事に?中耳炎の症状や治療を解説

 

治療と適切な耳かき

 

治療方法については、通常の外耳道炎であれば自然消失する事がほとんどですが、出来れば医師に状況を説明し病態を見てもらい、消毒や処方箋を受けるのがベストでしょう。

 

悪性外耳道炎や真菌の付着については、個人では治療しようがないので医療機関に相談するしか手はありません。

 

その場合、悪性外耳道炎であれば「緑膿菌」を排除する治療方式が取られます。主に消毒や服薬になるでしょう。

 

真菌の付着については、耳を清潔に保った上で抗真菌薬や副腎皮質ステロイド薬の使用で真菌を排除します。

 

その後は、外耳道を傷付けないように優しく耳かきを行えば再発は防げるでしょう。思い付いたように、硬い耳かきで耳をほじくるのではなく、お風呂上がりに綿棒等で優しくしてあげるのがコツです。

 

まとめ

 

たかが耳かきと思われるでしょうが、その「たかが耳かき」でとんでもない事にまで発展する可能性があるのです。改めて「耳はデリケート」という事を認識し、慎重に優しく耳かきをして下さい。

 

なお余談ですが、極論を言うと耳かきなどしなくても耳の中のゴミは自然排出されるようです。


関連ページ

耳の中がガサガサ音をたてて気になる!その原因と対処法
耳の中がガサガサ音をたてて気になる!その原因と対処法
気持ちいい耳掃除のコツ
気持ちいい耳掃除のコツ
放置すると面倒な事に?中耳炎の症状や治療を解説
放置すると面倒な事に?中耳炎の症状や治療を解説
現代のストレス社会が生み出すメニエール病という疾患を知る
現代のストレス社会が生み出すメニエール病という疾患を知る
突如聞こえなくなった耳・・・突発性難聴の概要と対処について
突如聞こえなくなった耳・・・突発性難聴の概要と対処について
耳への刺激が閉鎖を生む!?外耳道閉鎖症の概要と改善方法について
耳への刺激が閉鎖を生む!?外耳道閉鎖症の概要と改善方法について
通常の外耳道炎とは比べ物にならない激痛!耳せつの原因と治療法について
通常の外耳道炎とは比べ物にならない激痛!耳せつの原因と治療法について
難聴を100%で呈する!耳硬化症の原因と治療法について
難聴を100%で呈する!耳硬化症の原因と治療法について

トップページ サイトマップ