花粉だけじゃない!アレルギー性鼻炎の様々な原因とその対処法について

花粉だけじゃない!アレルギー性鼻炎の様々な原因とその対処法について

アレルギー性鼻炎」と聞いて、まず皆様が頭に思い浮かべるのは「花粉症」だと思います。アレルギーと言えば花粉と言って良い程であり、花粉症という疾患が国民病と呼ばれる由縁となっています。

 

ですがアレルギー性鼻炎は、何も花粉だけで引き起こされるものではありません。鼻炎の症状が現れ、「どうしてこの時期に?」と思われた方は、もしかすると花粉ではない別の要因によるものかもしれません。

 

今回は様々な原因が存在するアレルギー性鼻炎を知り、適切な対処が出来るよう知識を身に付けましょう。

 

アレルギー性鼻炎の概要

 

特に風邪を引いた訳でもないのに、妙に鼻が詰まる、くしゃみが出る、鼻水が出る・・・典型的なアレルギー性鼻炎です。

 

通常の鼻炎と違うところは、この疾患には原因となる特定の物質(アレルゲン)が存在する部分です。

 

代表的なもので「花粉」がありますが、これによる鼻炎症状もアレルギー性鼻炎が引き起こしているのです。

 

その他、食品、ダニなどのハウスダスト、カビ、粉塵など、大気汚染もアレルゲンとなります。

 

いずれかの中であなたが抗原を持つ物質が鼻から吸引される事により、体はそれを異物と認識し戦おうとします。その戦いで現れる反応こそが、まさに「アレルギー」なのです。

 

非常に風邪と似通った症状で、よく風邪と誤診され放置される傾向にある疾患とも言えます。

 

症状について

 

前項の通り、風邪と非常に似通った症状が現れます。鼻水、くしゃみが主なものなのですが、唯一鼻水が風邪の時と比較してサラサラしているという特徴があります。

 

通常風邪であれば、現れる鼻水にウイルスが紛れており、サラサラしたものでなくドロっとしたものが出るので、アレルギー性鼻炎との区別が付くでしょう。

 

ここまでなら特に問題はありません。アレルゲンを排除し、日常生活を正す事で概ね改善に至るからです。問題なのは、そのアレルゲンとの接触を絶つ事が出来ない場合です。

 

アレルゲンとなる物質が体内に蓄積される事により、やがてアレルギー性鼻炎は悪化します。

 

それにより、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)や鼻茸を発症してしまう恐れがあるのです。

 

治療や対処法

 

アレルギー性である為に、やはり治療は薬物投与が主となります。

 

抗アレルギー薬が治療の始めとなりますが、重症化した場合は、鼻腔内にレーザー照射して症状を和らげるレーザー手術、鼻の粘膜を焼いたり切除する為の電気手術等、外科的な処置を施す事もあります。

 

症状を自分で緩和したい場合は、生活習慣を正したり、禁煙をする、ハウスダストの元を作らない(掃除をしたり、ペットは室外で飼う等)といった基本的な事が対処法となります。

 

体の抵抗力を付ける為に、睡眠をしっかり取りミネラルやビタミンを多く含む食材(主に野菜)を多く摂る事も必要です。

 

まとめ

 

「その時期が来れば」「これを食べたら」「ここに居たら」発症してしまう症状ではありますが、逆に言えば「事前に分かる」という意味でもありますので、出来るだけ「予防」という視点で考えるようにしましょう。


関連ページ

鼻が詰まるのはなぜ?その原因と治し方
鼻が詰まるのはなぜ?その原因と治し方
意外と怖い?副鼻腔炎の原因とその症状や治療について
意外と怖い?副鼻腔炎の原因とその症状や治療について
「格好」を取って「健康」を捨てる!?鼻毛の大切な役割について
「格好」を取って「健康」を捨てる!?鼻毛の大切な役割について
しつこい鼻水を止める為の「対症療法」について
しつこい鼻水を止める為の「対症療法」について
悪化で長期化も?急性鼻炎についてのその原因と治療方法
悪化で長期化も?急性鼻炎についてのその原因と治療方法
ゆっくりと進行していく恐怖・・・嗅覚障害の原因と治療法について
ゆっくりと進行していく恐怖・・・嗅覚障害の原因と治療法について

トップページ サイトマップ