思う以上に問題あり!?「親知らず」の弊害と対処法について

思う以上に問題あり!?「親知らず」の弊害と対処法について

親ですら、その存在を認識出来ないのが名前の所以である「親知らず」・・・成人後に煩わしさを覚え、対処される方も多いと思います。

 

「奥に余計な歯があるだけ」というのが一般論ですが、実際はあなたが思う以上の弊害を伴う可能性があるのです。

 

よって今回は、親知らずの弊害と対処法についてお伝えしますので、適切な対処を行うようにして下さい。

 

親知らずの概要

 

親知らずとは、正式には「第三大臼歯」又は「智歯」言い、口腔内に存在する歯の内の最も奥側に生えてくるものです。

 

永久歯として「最後に」発現し、それが20歳以降の成人後である事から、「親ですら知り得ない」という意味で親知らずという俗称が付けられています。

 

基本は、上顎と下顎の両端4カ所に生えてきますが、親知らずに関してだけはその他の歯と違い個人差があり、3本だったり2本だったりする事もあります。

 

そもそも、親知らずが無い方も存在します。

 

通常、他の永久歯のように生え揃う訳ではなく、他永久歯から見て真横に生えたり、歯肉に埋没している状態であったりと、いびつな状態で生える事になります。

 

現代は、大昔の人類とは骨格が違い、歯にも影響があるのでは?と考えられてきましたが、親知らず自体は大昔から存在している模様で、現代ならではのものではないようです。

 

「弊害」について

 

時に、親知らずは健康を著しく害する事をご存じですか?実際は冒頭に記述した、「奥に余計な歯があるだけ」では済まされないのが親知らずなのです。

 

前項の通り、親知らずの多くはいびつな状態で生える事になります。

 

それにより、奥歯との間がほとんど無かったり、歯肉に埋没している状態であったり、歯磨きが届かないなどの理由で、非常に不潔になりやすい状況下に置かれています。

 

それにより、親知らずの周囲が炎症を起こし(智歯周囲炎)、顎や顔面が腫れたり、猛烈な痛みを伴う事があるのです。

 

時に、口が開かなくなる事もあります。悪化した場合は顎の骨を溶かす事もあり、親知らずを起因とした各症状に関しては、極めて注意して対応をしなければならないのです。

 

特に、親知らずの周囲で嚢胞が出来た場合はさらに注意となります。細菌が入り込み、化膿しやすい状況が常に保たれているからです。

 

対処法

 

やはり一般的な対処法としては、「抜歯」になります。親知らずの多くは抜歯で対処されており、経過も良好となります。

 

問題はその経緯です。親知らずによっては非常に抜歯がし辛い、抜歯に手間が掛かる生え方があり、場合によっては入院を余儀なくされる事もあります。

 

こうなると、「親知らずはとにかく全部抜けばいい」と思うでしょうが、一定数抜歯に至らなくても良い親知らずも存在します。

 

要するに、周囲の歯に干渉しない、正常に生えている、化膿や炎症を引き起こす危険性がないものです。

 

この場合、親知らずを正しい位置に戻すという治療もあるので、無闇やたらと引き抜くのは二次感染の恐れもあるので、残せるなら残しておいても良いでしょう。

 

まとめ

 

親知らずを抜くのは簡単です。

 

ですが、敵になるか味方になるかの判断をしてからでも抜歯をするのは遅くはありません。

 

慎重に経過を見て、医師に相談しましょう。


関連ページ

舌が荒れる原因は?もしかして病気?
舌が荒れる原因は?もしかして病気?
どうして口内炎は起こる?そのメカニズムと対処法
どうして口内炎は起こる?そのメカニズムと対処法
あなたの口臭がきつい原因を突き止めて改善する方法
あなたの口臭がきつい原因を突き止めて改善する方法
その口の中の違和感・・・ドライマウスが原因かも
その口の中の違和感・・・ドライマウスが原因かも
いつまでも歯の健康を・・・歯周病について知らなければいけない事
いつまでも歯の健康を・・・歯周病について知らなければいけない事
顎の痛みだけじゃない?顎関節症の原因と改善方法について
顎の痛みだけじゃない?顎関節症の原因と改善方法について
「歯」だけで終わらない!?虫歯の概要と危険性
「歯」だけで終わらない!?虫歯の概要と危険性
口の痛みは感染症?口腔カンジダ症の概要と治療について
口の痛みは感染症?口腔カンジダ症の概要と治療について
歯の「ズキン!」の原因となる知覚過敏の概要や対処法について
歯の「ズキン!」の原因となる知覚過敏の概要や対処法について
いつまでも健康な歯を保つ「正しい歯磨き」をあなたはしていますか?
いつまでも健康な歯を保つ「正しい歯磨き」をあなたはしていますか?
インプラント義歯は危険?知識を付けて適切な医師選びを
インプラント義歯は危険?知識を付けて適切な医師選びを
お口のトラブルで「見落としがち」な要素!舌苔をあなたは放置していませんか!?
お口のトラブルで「見落としがち」な要素!舌苔をあなたは放置していませんか!?
鼻の症状なのに原因は「歯」!?歯性上顎洞炎の原因と治療法について
鼻の症状なのに原因は「歯」!?歯性上顎洞炎の原因と治療法について

トップページ サイトマップ