歯の「ズキン!」の原因となる知覚過敏の概要や対処法について

歯の「ズキン!」の原因となる知覚過敏の概要や対処法について

歯のズキン!という現象は、一般的には「虫歯」を想像します。

 

その為、歯科医院に訪れ虫歯を治療しようと考えるのですが、その虫歯が存在しない事があります。

 

この場合、知覚過敏が考えられるでしょう。

 

虫歯以外に歯をズキンとさせる現象、症状であり、放っておくと思うより面倒な事になるのです。

 

よって今回は、知覚過敏についての概要や対処方をお伝えします。

 

知覚過敏とは?

 

正式には象牙質知覚過敏と呼ばれている知覚過敏ですが、これは歯に通う神経に食物や飲料の刺激が伝わる事を言い、「ズキン!」とはまさに刺激が伝わった状態なのです。

 

一瞬「虫歯」を想像しますが、虫歯とは全く異なります。虫歯は虫歯菌により歯の組織を溶解させていくものですが、知覚過敏は歯そのものに対し何かしらの影響を与えるものではありません。

 

そもそも歯とは、最表面には歯の組織で最も硬いエナメル質という組織に覆われています。

 

その内側に象牙質、さらにその内側に歯髄(神経部分)が存在し、構成されています。

 

ですが、歯の「根っこ」・・・歯茎に沈んでいる部分にはエナメル質が存在せず、「いきなり象牙質」となります。

 

象牙質はエナメル質程硬度がない上に、肉眼では見えない無数の穴が空いている為刺激を歯髄まで透過してしまいます。

 

よって、何かしらの理由によりその歯茎が削れて象牙質が現れてしまうと、食物や飲料の刺激が歯髄まで伝わってしまうのです。

 

原因について

 

原因として最もよくあるもので、「歯垢(プラーク)」があります。プラークは歯の一部分に集まった虫歯菌の集まりであり、歯を溶解させるだけでなく歯に対し刺激を与える物質を放出する事があります。

 

その為、エナメル質でない象牙質にプラークが構成される事により、プラークが刺激物質を放出した際に歯がしみてしまうのです。

 

その他、「力強い」「過剰な」歯磨きで歯茎が削れてしまうケースもあります。

 

その際、歯茎が削れ象牙質が露出してしまっているので、食物や飲料がしみてしまいます。

 

さらに、夜中の歯ぎしりなども歯茎を削る原因になるようです。

 

要するに、「歯茎を失う」可能性のある行為は全てNGだと言う事を念頭に置きましょう。

 

治療について

 

軽度であれば、優しく歯磨きを行う事で歯茎はやがて再形成され、象牙質は再び歯茎に包まれ事無きを得ます。

 

知覚過敏用の歯磨き粉を購入し、使用するのも改善に向かう事になるでしょう。

 

ですが重傷の場合、歯科医院への相談が免れません。

 

その際、あなたの重症度により治療方針が変わるでしょう。

 

通常であれば、歯をコーティングしたり象牙質の穴を塞ぐ処置を行ったりして、歯をしみなくさせるようにします。

 

ですが、重症度が高い場合は神経を抜く可能性もあります。

 

神経を抜かれた歯は既に死を迎えている訳で、今後徹底的に配慮していかなければなりません。

 

歯の色がドス黒くなっている方を見た事はありませんか?

 

あれはまさしく神経を抜かれ、死を迎えてしまった歯であり、そのような状態になってる方は歯の手入れを怠ってしまったのです。十分に注意しましょう。

 

まとめ

 

歯の神経は非常に過敏であり、今回の状況となればすぐさま気が付くでしょう。

 

そこでしっかりと治療しておくか放置するかで、今後のあなたの歯の運命が決まるのです。


関連ページ

舌が荒れる原因は?もしかして病気?
舌が荒れる原因は?もしかして病気?
どうして口内炎は起こる?そのメカニズムと対処法
どうして口内炎は起こる?そのメカニズムと対処法
あなたの口臭がきつい原因を突き止めて改善する方法
あなたの口臭がきつい原因を突き止めて改善する方法
その口の中の違和感・・・ドライマウスが原因かも
その口の中の違和感・・・ドライマウスが原因かも
いつまでも歯の健康を・・・歯周病について知らなければいけない事
いつまでも歯の健康を・・・歯周病について知らなければいけない事
顎の痛みだけじゃない?顎関節症の原因と改善方法について
顎の痛みだけじゃない?顎関節症の原因と改善方法について
「歯」だけで終わらない!?虫歯の概要と危険性
「歯」だけで終わらない!?虫歯の概要と危険性
思う以上に問題あり!?「親知らず」の弊害と対処法について
思う以上に問題あり!?「親知らず」の弊害と対処法について
口の痛みは感染症?口腔カンジダ症の概要と治療について
口の痛みは感染症?口腔カンジダ症の概要と治療について
いつまでも健康な歯を保つ「正しい歯磨き」をあなたはしていますか?
いつまでも健康な歯を保つ「正しい歯磨き」をあなたはしていますか?
インプラント義歯は危険?知識を付けて適切な医師選びを
インプラント義歯は危険?知識を付けて適切な医師選びを
お口のトラブルで「見落としがち」な要素!舌苔をあなたは放置していませんか!?
お口のトラブルで「見落としがち」な要素!舌苔をあなたは放置していませんか!?
鼻の症状なのに原因は「歯」!?歯性上顎洞炎の原因と治療法について
鼻の症状なのに原因は「歯」!?歯性上顎洞炎の原因と治療法について

トップページ サイトマップ