激しいスポーツに注意!腰椎分離症及び分離すべり症の概要について

激しいスポーツに注意!腰椎分離症及び分離すべり症の概要について

若い時分、部活等で運動を経験していく方が多いと思います。みるみる身に付く技術や能力に、楽しさすら覚えもっともっと頑張ろうと邁進する事でしょう。

 

ですが、その「頑張り」が悲劇を生む事があるのです。

 

今回は、その悲劇のひとつ「腰椎分離症」及び「分離すべり症」についてお伝えします。

 

分離症とすべり症の概要

 

腰椎分離症とは、腰椎の体の奥側にある間接突起が物理的な作用により分離(骨折)する事です。

 

体の柔らかい中学生や高校生が、腰を使う激しいスポーツをする事により発生する事がほとんど。

 

勿論、成人後であっても激しいスポーツを継続して行う方にはリスクが付きまといます。

 

いわゆる「運動選手」の3割程度の方が罹患しているとされ、「スポーツ病」として確立されています。

 

多くは第5腰椎に発生し、より激しく動く男性(男子)に発生する傾向が強いようです。

 

分離すべり症は、腰椎分離症の「悪化」した状態を指します。結果的に分離(骨折)してしまった間接突起は腰椎の強度を低下させ、最終的に腰を支えられなくなり椎間板が文字通り「すべり」落ちる様相を呈してしまうのです。

 

症状について

 

主な症状としては、運動中の腰の痛みです。

 

特に、腰を使用する場合に強く痛みを現します。特徴として、分離が始まった「初期段階」での痛みが強く、時間が経過すると痛みは残るものの少しずつ治まってしまい、一時的なものと勘違いしがちになります。

 

背中を反らせたり、安静にしている場合でも痛みが発生します。

 

椎間板ヘルニアに似通った症状が現れる場合があり、10代である場合は可能性を鑑み、椎間板ヘルニアよりも腰椎分離症を疑って考えるべきでしょう。

 

その他、手足等に痺れを催す事もあります。こうなると、神経を圧迫している可能性があるので、直ちに整形外科に相談をしなければなりません。

 

分離すべり症に進行した場合、多くは腰の痛みや痺れ、下半身の痛み、部分麻痺などが現れ、まず運動が出来ない状態となります。

 

治療について

 

治療の基本は「腰を使わず安静に」です。腰椎分離症であれば、そのほとんどは一ヶ月程度で間接突起が修復され、元通り運動が出来るようになるでしょう。

 

症状の度合いによっては、コルセットで固定する事も視野に入ります。

 

要は、「腰を動かさない事」が最初の治療方針となりますので、必ずそれに従うようにしなければなりません。

 

腰椎分離症で止まっている内は、治療中でも概ね日常生活を送れますので、この時だけは運動は我慢しておいて下さい。

 

医師の指導を従わなかった、腰椎分離症を放置して運動をし続けた場合は分離すべり症となりますが、こうなると治療は飛躍的に難しくなります。

 

やはり安静が最大の治療となりますが、完全な治癒に至らず持病となってしまう可能性があるので、何としても分離症で食い止めておかなければなりません。

 

まとめ

 

腰椎分離症と分離すべり症では、「その後」が大きく違ってきます。

 

如何に分離すべり症に進行させないかが主眼となり、「あなた自身が」無理をしない、医師に従うという姿勢が求められます。


関連ページ

急に腰が痛くなった、ぎっくり腰の緊急対策とこれからの話
急に腰が痛くなった、ぎっくり腰の緊急対策とこれからの話
ぎっくり腰に腰痛ベルトは効果あり?
ぎっくり腰に腰痛ベルトは効果あり?
「足の痛み」「足の痺れ」それは坐骨神経痛かも
「足の痛み」「足の痺れ」それは坐骨神経痛かも
「いつもの事」で終わらせない!慢性腰痛と向き合う
「いつもの事」で終わらせない!慢性腰痛と向き合う
デスクワークは姿勢に注意!そこから始まる体の歪み
デスクワークは姿勢に注意!そこから始まる体の歪み
放置すれば腰痛だけでは済まない?脊柱管狭窄症の原因と治療法について
放置すれば腰痛だけでは済まない?脊柱管狭窄症の原因と治療法について
若いあなたの腰痛の原因?椎間板ヘルニアの概要について
若いあなたの腰痛の原因?椎間板ヘルニアの概要について
腰痛になりやすい方の特徴
腰痛になりやすい方の特徴

トップページ サイトマップ