若いあなたの腰痛の原因?椎間板ヘルニアの概要について

若いあなたの腰痛の原因?椎間板ヘルニアの概要について

あなた若しくはあなたの周囲で、「最近腰が・・・」という発言はありませんか?まだお若い時分でそんなに腰が痛い場合、椎間板ヘルニアを疑った方が良いかもしれません。

 

なかなか面倒な疾患であり、適切な対処を必要とします。

 

よって今回は、椎間板ヘルニアについて知るところをお伝えしますので、自分がもしそうなってしまった場合の「適切な対処」の為の知識として下さい。

 

椎間板ヘルニアの概要

 

名称の通り、椎間板のヘルニアとなります。

 

では「椎間板」とは一体何なのか言うと、腰椎はいくつかの骨で形成されているのですが、その各々の腰椎の隙間に入り込んでいるクッションのようなものなのだと考えいただければ結構です。

 

そして、その椎間板の中には背骨を縦状に通る神経が通っており、何かしらの理由で椎間板が飛び出す事を「ヘルニア」と言うのです。

 

そして、その多くは負荷が掛かったり等で炎症を呈します。

 

20〜30歳代に多く、高齢になればなる程発症は少なくなります。これは、年齢を重ねる事に椎間板の機能が弱まり、クッションの機能を失う事で「飛び出る」という現象が起こらなくなる為です。

 

20〜30歳代の、クッションとしての役割が十分な「健康な椎間板」であればある程、ヘルニアという現象が起こりやすいのです。

 

ただし、近年では健康的な高齢者が増加の傾向にあり、ヘルニアを起こす可能性が高まっているようです。

 

原因と症状

 

原因としては、重労働や腰に負担が掛かる行動を継続して行う事により、椎間板が疲弊し正常の位置より突出してしまう事により、椎間板内部にある神経を圧迫する事で起こります。

 

症状は、ヘルニアの位置で変化します。

 

圧迫された神経により、手足、腰、臀部等の痺れを催し、悪化した場合は筋肉の麻痺や排尿障害が起こり、行動制限が掛かり身動きが取れなくなる可能性もあります。

 

「痛み」がある場合は患部の炎症が考えられます。

 

この場合、多くは椎間板ヘルニアを患ってある程度の期間が経過しているので、炎症を抑える為の処置をしなければなりません。

 

無症状のケースも少なからずあります。椎間板ヘルニアと気付かず、他の外傷や疾患等で医療機関に訪れ、そこで初めて椎間板ヘルニアと診断される事があるのです。

 

治療方法について

 

皆様も聞き及んだ事があるかもしれませんが、最もよくあるもので「ブロック注射」という治療方法があります。ですが、多くの椎間板ヘルニアは「治療を必要としません」。

 

理由は、「椎間板ヘルニアの多くは自然に突出した患部が正常に戻るから」です。

 

嘘か本当か疑わしいと思われるでしょうが、近年はこの疾患の研究が進み、治療後と放置した後での数年後は、概ね改善状態は似たようなものである事が分かっているのです。

 

よって、治療を必要とする椎間板ヘルニアは限られます。

 

治療が必要な場合は、突出した患部を元通りにするという方針ではなく、「炎症を治療する」という観点で行われます。

 

主に「消炎剤」や「鎮痛剤」を使用した治療になり、外科的処置はほとんど行われません。

 

まとめ

 

無症状のケースもある事から、潜在患者は実際の患者数よりもずっと多く居ると考えられます。もしかしたらあなたも・・・


関連ページ

急に腰が痛くなった、ぎっくり腰の緊急対策とこれからの話
急に腰が痛くなった、ぎっくり腰の緊急対策とこれからの話
ぎっくり腰に腰痛ベルトは効果あり?
ぎっくり腰に腰痛ベルトは効果あり?
「足の痛み」「足の痺れ」それは坐骨神経痛かも
「足の痛み」「足の痺れ」それは坐骨神経痛かも
「いつもの事」で終わらせない!慢性腰痛と向き合う
「いつもの事」で終わらせない!慢性腰痛と向き合う
デスクワークは姿勢に注意!そこから始まる体の歪み
デスクワークは姿勢に注意!そこから始まる体の歪み
放置すれば腰痛だけでは済まない?脊柱管狭窄症の原因と治療法について
放置すれば腰痛だけでは済まない?脊柱管狭窄症の原因と治療法について
激しいスポーツに注意!腰椎分離症及び分離すべり症の概要について
激しいスポーツに注意!腰椎分離症及び分離すべり症の概要について
腰痛になりやすい方の特徴
腰痛になりやすい方の特徴

トップページ サイトマップ