ぎっくり腰に腰痛ベルトは効果あり?

ぎっくり腰に腰痛ベルトは効果あり?

急性腰椎症・・・通称「ぎっくり腰」と言われるものです。

 

中高年には非常に一般的とも言える疾患で、この名を聞くだけでその痛みが蘇る方も多いでしょう。

 

一般的な疾患であるだけに様々な対策が打ち出されていますが、その中でも「腰痛ベルト(コルセット)」はぎっくり腰を訴えた多くの方が着用しようとすると思います。

 

ですがこの腰痛ベルト、実際の効果は如何ほどのものなのでしょうか?

 

今回は、その腰痛ベルトの必要性や実際の効果について迫ります。

 

腰痛ベルトの効果とは?

 

腰痛ベルトは別名「骨盤ベルト」「コルセット」として商品化され、薬局等でも一般的に販売されているのですが・・・

 

この腰痛ベルト、着用する事でどのような効果が得られるのでしょうか?

 

腰痛ベルトの目的は、腰を支える筋肉を締め付ける事により、姿勢に対する補強を行うものです。

 

素材は伸縮性のあるもので構成されており、強めに腰部に巻く事で姿勢を保持する事が非常に楽になります。

 

ぎっくり腰の場合はまさにうってつけで、患った際に腰痛ベルトを巻くとその場から1mmも動けなかったのが、ある程度歩行出来るようになるまで矯正されます。

 

また、ぎっくり腰が再発するのが怖くて、手放せなくなっている人もいるのではないでしょうか?

 

確かにコルセットをまいておけば安心感が増しますよね。

 

ですが、長期間巻く事により筋肉が常時弛緩する事になるので、筋肉が衰え腰痛ベルトを外した際にまともに動けなくなるという弊害もあります。

 

「選び方」が重要になる

 

「それなら、ぎっくり腰の時はとりあえず市販の腰痛ベルトを・・・」と考えた方は早計です。

 

市販の腰痛ベルトには一定のサイズが取り揃えてありますが、実のところそれで「あなたの」腰を守れるかと言うとそうではないのです。

 

腰の形など個性があり、一概にこれという形などありません。よって、市販の腰痛ベルトが「たまたま」合えば問題ありませんが、合わなかった際にぎっくり腰が悪化する可能性があるのです。

 

よって、出来れば整形外科に相談しオーダーメイドで腰痛ベルトを作成する事をお勧めします。

 

市販の腰痛ベルトを試して、「合わないかな」と判断した上でその後医師に相談するのも有りです。

 

決して、医師に相談するのが面倒と適当な腰痛ベルトを使用することの無いようにして下さい。

 

今の状態で判断するのがベスト

 

結局のところ上記を鑑み、「今の状態」で腰痛ベルトを使用するか否かを選択するのがベストだと言えます。

 

簡潔に述べると、「ぎっくり腰でも腰痛ベルト無しで過ごせるなら、しないに越した事はない」という結論です。

 

ただし、出来れば医療機関に相談し、医師に着用の要否を問う方がより安全だと言えます。

 

いくら調子が良くても、医師から着用を勧められたのであれば必ず着用し、特に指導等が無いのであれば「今日は腰の調子が悪い」「今日は腰が快調」と、自分で決断するのが良いでしょう。

 

まとめ

 

結論を述べると、腰痛ベルトはぎっくり腰に効果てきめんではありますが、頼り過ぎるのも後々苦労する要素となってしまいます。

 

腰痛ベルトは、適切な場所で着用し極力頼らないという姿勢が、ぎっくり腰の早期改善の糸口となるという事を頭の片隅に置いておいて下さい。


関連ページ

急に腰が痛くなった、ぎっくり腰の緊急対策とこれからの話
急に腰が痛くなった、ぎっくり腰の緊急対策とこれからの話
「足の痛み」「足の痺れ」それは坐骨神経痛かも
「足の痛み」「足の痺れ」それは坐骨神経痛かも
「いつもの事」で終わらせない!慢性腰痛と向き合う
「いつもの事」で終わらせない!慢性腰痛と向き合う
デスクワークは姿勢に注意!そこから始まる体の歪み
デスクワークは姿勢に注意!そこから始まる体の歪み
放置すれば腰痛だけでは済まない?脊柱管狭窄症の原因と治療法について
放置すれば腰痛だけでは済まない?脊柱管狭窄症の原因と治療法について
若いあなたの腰痛の原因?椎間板ヘルニアの概要について
若いあなたの腰痛の原因?椎間板ヘルニアの概要について
激しいスポーツに注意!腰椎分離症及び分離すべり症の概要について
激しいスポーツに注意!腰椎分離症及び分離すべり症の概要について
腰痛になりやすい方の特徴
腰痛になりやすい方の特徴

トップページ サイトマップ