虫垂炎と軽く考えていると・・・とんでもない事に!

虫垂炎と軽く考えていると・・・とんでもない事に!

虫垂炎」という言葉、まず事の重大さを考える事もなく、「薬で散らせばいい」「簡単な手術で治る」程度にしか認識されていないと言っても良いでしょう。

 

中には我慢に我慢を重ね、「たかが虫垂炎」と放置する方も珍しくはありません。

 

今回は、そのように軽視される虫垂炎の危険性についてお伝えします。

 

虫垂炎とは?

 

虫垂炎とはその名の通り、虫垂が炎症を起こす事です。炎症を伴った虫垂は痛みを発し、主に腹部の痛みを引き起こします。

 

ここでほとんどの方は「虫垂炎なら大丈夫」と考えます。ですが本当にそうでしょうか?

 

この虫垂炎、大丈夫とタカをくくるととんでもない目に会う可能性があるのです。

 

その理由は「腹膜炎」です。虫垂炎は放置をする事により虫垂が炎症の一途を辿ります。

 

それにより、いずれ虫垂は炎症により破裂する事で虫垂内の雑菌が腹膜に及び、最終的に腹膜炎を発症するのです。

 

そうなると、「たかが虫垂炎」からたちまち命を脅かされる事になります。痛みなど虫垂炎の比ではありません。簡単な病気と軽視した代償は非常に大きいのです。

 

「典型的な症状」とは限らない

 

よく虫垂炎の症状で挙げられるのが「右下腹部の痛み」です。よく聞かれると思いますが、いわゆる「横っ腹が痛い」です。

 

これは言わば「典型的な症状」であり、大半の方はこの痛みを経緯します。

 

しかし、右下腹部の痛みだけを注視しその他のサインを見逃すと、やはり虫垂炎は悪化してしまうのです。

 

他の症状として、胃の痛み、右下腹部でない下腹部の痛み、嘔吐など、「虫垂炎の箇所」とは違う箇所が痛む事も多く(放散痛)、一概に「横っ腹が痛い」で判断する事は出来ないのです。

 

さらに放散痛により、脳が誤って本来痛みのある箇所とは違う箇所を「痛い」と認識する事があります。

 

このように、ひとつの事に囚われ広く症状を見れない場合、やはり虫垂炎は悪化してしまうのです。

 

治療に関して

 

治療は二つです。「外科的処置」か「投薬」になります。重症度を判断してどちらかの方法かを医師が選定する事になるでしょう。

 

外科的処置は要するに「虫垂切除術」で、炎症を起こしている虫垂を切除する事になります。

 

比較的重症度が高い、切除しなければ腹膜炎へ移行する恐れがある場合に選択されます。

 

投薬に関しては、前述もしましたが「薬で散らす」と同義になります。

 

厳密に言えば、虫垂を現実に散らす事は不可能ですから、炎症を抑える、雑菌の繁殖を防ぐなどの意味となります。

 

基本、投薬は重症度の低い場合に選択されます。

 

ただし、炎症を薬で抑えられても今後どうなるかは分からないので、定期的な診察を受ける事が必要です。

 

まとめ

 

ヒトの体における虫垂の役割というのはほとんどなく、切除してもしなくても体への影響は無い不必要な器官であるとの事です。

 

医師に切除が必要と言われれば、そこは迷わず頷く事をお勧めします。

 

何故なら、その先にあるのは「たかが虫垂炎」ではなく「命の危険」なのですから。


関連ページ

胃がもたれる・むかむかするときの対処法
胃がもたれる・むかむかするときの対処法
ここ近年でよく聞く機能性胃腸症とは?
ここ近年でよく聞く機能性胃腸症とは?
いつもの症状?油断出来ない胃腸の調子
いつもの症状?油断出来ない胃腸の調子
発症すれば直ちに「死」?劇症肝炎の概要と予防について
発症すれば直ちに「死」?劇症肝炎の概要と予防について
内蔵の健康は肝臓から?脂肪肝の概要と対処法について
内蔵の健康は肝臓から?脂肪肝の概要と対処法について
若年層に多発!?気胸の概要と治療法について
若年層に多発!?気胸の概要と治療法について
急性膵炎と慢性膵炎の概要と治療法について
急性膵炎と慢性膵炎の概要と治療法について
咳が続く程痛みが強くなる!?胸膜炎の概要と治療法について
咳が続く程痛みが強くなる!?胸膜炎の概要と治療法について
切るべき?切らないべき?「ポリープ」への対処について
切るべき?切らないべき?「ポリープ」への対処について
発症のピークは20代!?潰瘍性大腸炎の原因と治療について
発症のピークは20代!?潰瘍性大腸炎の原因と治療について
癌の確率急上昇!?ピロリ菌が及ぼす人体への影響について
癌の確率急上昇!?ピロリ菌が及ぼす人体への影響について
生肉は特に厳禁!病原性大腸菌の概要と治療法について
生肉は特に厳禁!病原性大腸菌の概要と治療法について
腸のあちこちに潰瘍・・・クローン病の概要と治療法について
腸のあちこちに潰瘍・・・クローン病の概要と治療法について
食道がんの概要と症状、リスクについて
食道がんの概要と症状、リスクについて

トップページ サイトマップ