切るべき?切らないべき?「ポリープ」への対処について

切るべき?切らないべき?「ポリープ」への対処について

中高年という年代となると、ポリープという病状を一般的に聞き及ぶ事になるでしょう。あなたの周囲にも、ポリープ持ちの方が居る事だと思います。

 

そして、ポリープである以上それは無害と診断され、多くはそのまま経過観察の道を辿る事になります。

 

ただ、癌化する可能性も示唆されており、切るべきか切らないべきか悩むところでしょう。

 

その為今回は、切るべきなのか、切らないべきか、ポリープについての対処についてお伝えします。

 

ポリープとは?

 

ポリープとは、粘膜上に出来る隆起形状の病態です。

 

主に、大腸等の管状、胃等の袋状の臓器に発現するのが特徴で、遺伝子変異で増殖するという物騒な発生理由であるものの、「ポリープである以上は無害」です。

 

発生場所により、大腸、胃、喉頭、声帯、子宮頚管、子宮内膜(それぞれの臓器の後に「ポリープ」と付く)と名称が付けられます。

 

なお鼻茸も、鼻の奥に発生するポリープの一つです。

 

よくポリープは単体で発生すると勘違いされますが、時に3桁に上るポリープのコロニーのようなものを形成する事もあり、その場合はポリポーシスと呼ばれます。

 

いわゆる「ポリープ持ち」は中高年や高齢者に集中しており、基本若年層以下には発現しません。

 

ですが、あくまで遺伝子変異という発生理由である為、どの年代でも発現する可能性はあると言っても良いでしょう。

 

癌との違い

 

ポリープ持ちの方が最も悩む部分として、「発現したポリープの癌化」「ポリープではなくて癌ではないか」というものがあります。

 

その不安を払拭する為、ポリープと癌の違いについて説明します。

 

まずポリープですが、これは前項のとおり遺伝子変異により細胞が異常増殖して粘膜が隆起するというものなのですが、扱いとしては「体内のイボ」でありこれ単体が体内で悪さをする訳ではありません。

 

一方癌ですが、癌もまたポリープと同じく遺伝し変異による粘膜の隆起です。

 

しかし癌の場合、異常増殖した細胞が体から栄養を過剰に奪い取ろうとし(癌が「痩せる」のはここが原因)、さらに再現なく細胞の増殖を繰り返す為、体に悪影響が現れるのです。

 

ポリープの場合は、たしかに細胞の増殖を癌と同じく繰り返しますが、ある時点で増殖は停止し体に悪影響を与えません。これが癌との大きな違いなのです。

 

癌化するポリープについては、「そのポリープの種類」でリスクに変化があるので、ポリープそのものを医療機関で精査する必要があります。

 

切るリスクと切らないリスク

 

本題となりますが、やはりポリープは良性と言えども癌化する可能性があって心配・・・となると、「切る」「切らない」の判断に迫られる事になります。

 

そのポリープが近い将来癌化する可能性があるのなら、それはごく近い内に外科的に摘出する事をお勧めしますが、ポリープ自体が精査により癌化する可能性が著しく低い場合は、そのまま経過観察を行う方が問題が少ないと考えるべきです。

 

理由は、「手術そのものの負担」です。現在は内視鏡等の出来るだけ体に負担を掛けない処置も開発されていますが、ポリープの種類によっては開腹手術が避けられないものもあります。

 

そうなると、大掛かりな手術が避けられません。開腹手術となると長い将来に渡り身体に負担を掛けます。

 

それにより、「手術を行ったが為に」別の疾患を誘発する可能性もあり、それはそれでリスクが付き纏うのです。

 

まとめ

 

切るのは簡単です。

 

しかし、そのリスクとポリープのリスクを天秤に掛けて、熟考する事が大切だと言えるでしょう。


関連ページ

胃がもたれる・むかむかするときの対処法
胃がもたれる・むかむかするときの対処法
ここ近年でよく聞く機能性胃腸症とは?
ここ近年でよく聞く機能性胃腸症とは?
いつもの症状?油断出来ない胃腸の調子
いつもの症状?油断出来ない胃腸の調子
虫垂炎と軽く考えていると・・・とんでもない事に!
虫垂炎と軽く考えていると・・・とんでもない事に!
発症すれば直ちに「死」?劇症肝炎の概要と予防について
発症すれば直ちに「死」?劇症肝炎の概要と予防について
内蔵の健康は肝臓から?脂肪肝の概要と対処法について
内蔵の健康は肝臓から?脂肪肝の概要と対処法について
若年層に多発!?気胸の概要と治療法について
若年層に多発!?気胸の概要と治療法について
急性膵炎と慢性膵炎の概要と治療法について
急性膵炎と慢性膵炎の概要と治療法について
咳が続く程痛みが強くなる!?胸膜炎の概要と治療法について
咳が続く程痛みが強くなる!?胸膜炎の概要と治療法について
発症のピークは20代!?潰瘍性大腸炎の原因と治療について
発症のピークは20代!?潰瘍性大腸炎の原因と治療について
癌の確率急上昇!?ピロリ菌が及ぼす人体への影響について
癌の確率急上昇!?ピロリ菌が及ぼす人体への影響について
生肉は特に厳禁!病原性大腸菌の概要と治療法について
生肉は特に厳禁!病原性大腸菌の概要と治療法について
腸のあちこちに潰瘍・・・クローン病の概要と治療法について
腸のあちこちに潰瘍・・・クローン病の概要と治療法について
食道がんの概要と症状、リスクについて
食道がんの概要と症状、リスクについて

トップページ サイトマップ