咳が続く程痛みが強くなる!?胸膜炎の概要と治療法について

咳が続く程痛みが強くなる!?胸膜炎の概要と治療法について

咳が出る病気には多くの種類がありますが、大半は日にち薬で軽快しいずれその咳は消失します。

 

ですが、いくら日を過ぎてもしつこく現れる咳と、それに伴って日に日に悪化する胸の痛み・・・それは胸膜炎である可能性が高いと考えられます。

 

時に呼吸だけで胸の痛みを呈するこの胸膜炎について、今回はその概要等をお伝えします。

 

胸膜炎の概要

 

胸膜炎とは、肺の外側にあり肺を包んでいる「胸膜」という部分が炎症を起こす、若しくは体液が溜まってしまい、感冒のような症状に加え胸の痛みを現す病気です。

 

別名「肺外結核」、過去には「肋膜炎」とも呼ばれていました。

 

基本、胸膜炎はそれ単体で発症する病気ではなく、何らかの疾患を経て「その後」に発症する事が多いようです。最も多いもので「結核」、次に「癌」や「肺炎」が挙げられます。

 

その他、心疾患、リウマチ、細菌による感染でも胸膜炎は発症しますが、大多数は結核によるものであり、その他の原因は少数に止まっています。

 

予後については、結核を起因としたものであれば良好ですが、癌を起因としたものである場合は非常に悪く、胸膜炎はその原因となる要素によりかなり予後が左右される事が伺えます。

 

症状について

 

症状の多くは、「咳」と「胸の痛み」です。

 

その他、発熱、呼吸苦、痰などもありますが、咳と胸の痛みと比較すると少数に止まっています。

 

何より特徴的なのは、咳や呼吸により胸の痛みが激しくなるところです。咳が続けば続く程胸の痛みは増し、結果的にその痛みに耐えられなくなり医療機関を受診する事になるのです。

 

通常、咳と胸の痛みの症状を呈するその他疾患の場合は、咳と胸の痛みが独立して現れる事が多いのですが、胸膜炎に限っては該当しないようです。

 

よって、咳と胸の痛みが連動する場合は胸膜炎を疑って掛かるのが無難でしょう。

 

(ただし、高齢者は咳のみで肋骨を骨折し「痛み」となる事もあるのでこの限りではない)

 

治療法など

 

治療は、胸膜炎を発症した「原因」で大きく変わります。結核を起因とした胸膜炎であれば、抗結核薬を投与して結核菌そのものを駆除する方式となります。

 

自宅療養中でも、多くの薬品を長期に渡って服用しなければならず、少なからず患者の負担となっているようです。

 

癌を起因としてものであれば、癌そのものを摘出しなければ根本治療とならない為、まもなく外科的処置を求められます。

 

ただし、胸膜炎を発症した後に癌が発見されるという事は、「疾患の後で発症する」という胸膜炎の特徴を鑑見ると、それだけ発見が遅れているという意味となります。

 

よって既に転移があると判断するべきでしょう。ちなみに、予後が非常に悪い理由はこの部分にあります。

 

胸膜炎の治療の基本は、やはり胸膜炎の原因となっている要素の排除となる事を覚えておきましょう。

 

まとめ

 

如何でしたか?肺と聞けば、その「中」でのトラブルを想像しがちですが、肺の「外」でも色々なトラブルが発生する可能性があるのです。


関連ページ

胃がもたれる・むかむかするときの対処法
胃がもたれる・むかむかするときの対処法
ここ近年でよく聞く機能性胃腸症とは?
ここ近年でよく聞く機能性胃腸症とは?
いつもの症状?油断出来ない胃腸の調子
いつもの症状?油断出来ない胃腸の調子
虫垂炎と軽く考えていると・・・とんでもない事に!
虫垂炎と軽く考えていると・・・とんでもない事に!
発症すれば直ちに「死」?劇症肝炎の概要と予防について
発症すれば直ちに「死」?劇症肝炎の概要と予防について
内蔵の健康は肝臓から?脂肪肝の概要と対処法について
内蔵の健康は肝臓から?脂肪肝の概要と対処法について
若年層に多発!?気胸の概要と治療法について
若年層に多発!?気胸の概要と治療法について
急性膵炎と慢性膵炎の概要と治療法について
急性膵炎と慢性膵炎の概要と治療法について
切るべき?切らないべき?「ポリープ」への対処について
切るべき?切らないべき?「ポリープ」への対処について
発症のピークは20代!?潰瘍性大腸炎の原因と治療について
発症のピークは20代!?潰瘍性大腸炎の原因と治療について
癌の確率急上昇!?ピロリ菌が及ぼす人体への影響について
癌の確率急上昇!?ピロリ菌が及ぼす人体への影響について
生肉は特に厳禁!病原性大腸菌の概要と治療法について
生肉は特に厳禁!病原性大腸菌の概要と治療法について
腸のあちこちに潰瘍・・・クローン病の概要と治療法について
腸のあちこちに潰瘍・・・クローン病の概要と治療法について
食道がんの概要と症状、リスクについて
食道がんの概要と症状、リスクについて

トップページ サイトマップ