ここ近年でよく聞く機能性胃腸症とは?

ここ近年でよく聞く機能性胃腸症とは?

あなたは機能性胃腸症という言葉を聞いた事がありますか?多くは、安倍総理が患いマスコミを介して知った方がほとんどでしょう。

 

しかしこの病気、ようやく近年で概念が生まれましたが、もっと従来から患っていた方も非常に多く、他人事ではないのです。

 

もしかしたら自分にも当てはまるかも・・・?今回は機能性胃腸症を知り、素早く対応出来る為の知識をご紹介します。

 

機能性胃腸症って何?

 

どのような病気なのか

 

一言で言えば「胃もたれ」症状をメインとしたものであり、その他痛みや嘔気、嘔吐、食欲不振、胃の膨満感が症状として現れます。

 

いわゆる胃炎とは症状や原因が異なるもので、それ故「機能性胃腸症」という名称が新たに付けられたという背景があります。

 

罹患者はこの病気の概念が生まれた以降増加の一途を辿っている状態で、実のところここ近年に現れた病気ではなく、従来から存在していたものである事が伺えます。

 

機能性胃腸症は通称「FD」とも呼ばれ、主に先進国にその罹患者は集中しています。精査をしてもこれといった原因も見つからず、罹患者は長期に渡り苦しむ結果となるようです。

 

胃炎以外の近い病気で、「胃下垂」「胃けいれん」が挙げられます。

 

⇒ 胃がもたれる・むかむかするときの対処法

 

何が原因で機能性胃腸症になるの?

 

結論から述べますと「原因不明」です。先進国に罹患者が集中している事から、ストレスが原因ではと考えられていますが想像の域に収まっているようです。

 

胃は精神的なダメージが顕著に現れる器官です。

 

自律神経の乱れやすい生真面目な方や固定観念の強い方、責任感の強い方に特に発症が集中している事も、「ストレス」が原因である理由のひとつになっているようです。

 

その他で考えられる原因として、「暴飲暴食」「生活習慣の乱れ」もありますが、やはりこれらも同じく想像の範疇を出ていません。

 

しかし少なからず影響はあるようですので、思い当たる節のある方は改善に努めると良いでしょう。

 

処置や治療について

 

従来は胃炎や胃けいれん等の診断を受け、その治療を進められる事になりますが当然改善には至りません。

 

機能性胃腸症という概念が生まれ、初めて「その為の」治療が行われるようになりました。

 

具体的な治療方法としては「薬物投与」、根本治療として「ストレスの解消」が挙げられます。ストレスの解消に至らない場合は、時に抗うつ剤も視野に入るようです。

 

しかもこの病気、治療を行った後直ちに改善するようなものではなく、非常に長い目で治療に当たらなければなりません。完治が難しく、定期的に病院や診療所等へ通う事になるでしょう。

 

ストレスケアが重要

 

ストレスがたまりすぎると、体のバランスが崩れてしまいます。

 

なので、ストレスをためないような生活を心がけることが大切なのですが、なかなかそれは難しいですよね。

 

そこで補助的に利用したいのが、サプリです。

 

もちろん、何か別のストレス解消法が合って手軽に実践できたり、ストレスの原因になっているものを改善できるならそのほうがいいんですけどね。

 

機能性胃腸症のまとめ

 

この機能性胃腸症、我が国の罹患者は3〜4人に一人と言われる程罹患者が多いものです。それだけに適切な治療に当たらなければ、極めて長期に渡り苦しめられる事になるのです。

 

直接的に死に繋がる病気ではありません。しかし、まだこの概念が生まれて間もないだけに、機能性胃腸症を起因として何らかの致命的な疾患に至る可能性があるかもしれません。

 

よってこれら各症状等に心当たりのある方は、直ちに医療機関へ相談しましょう。


関連ページ

胃がもたれる・むかむかするときの対処法
胃がもたれる・むかむかするときの対処法
いつもの症状?油断出来ない胃腸の調子
いつもの症状?油断出来ない胃腸の調子
虫垂炎と軽く考えていると・・・とんでもない事に!
虫垂炎と軽く考えていると・・・とんでもない事に!
発症すれば直ちに「死」?劇症肝炎の概要と予防について
発症すれば直ちに「死」?劇症肝炎の概要と予防について
内蔵の健康は肝臓から?脂肪肝の概要と対処法について
内蔵の健康は肝臓から?脂肪肝の概要と対処法について
若年層に多発!?気胸の概要と治療法について
若年層に多発!?気胸の概要と治療法について
急性膵炎と慢性膵炎の概要と治療法について
急性膵炎と慢性膵炎の概要と治療法について
咳が続く程痛みが強くなる!?胸膜炎の概要と治療法について
咳が続く程痛みが強くなる!?胸膜炎の概要と治療法について
切るべき?切らないべき?「ポリープ」への対処について
切るべき?切らないべき?「ポリープ」への対処について
発症のピークは20代!?潰瘍性大腸炎の原因と治療について
発症のピークは20代!?潰瘍性大腸炎の原因と治療について
癌の確率急上昇!?ピロリ菌が及ぼす人体への影響について
癌の確率急上昇!?ピロリ菌が及ぼす人体への影響について
生肉は特に厳禁!病原性大腸菌の概要と治療法について
生肉は特に厳禁!病原性大腸菌の概要と治療法について
腸のあちこちに潰瘍・・・クローン病の概要と治療法について
腸のあちこちに潰瘍・・・クローン病の概要と治療法について
食道がんの概要と症状、リスクについて
食道がんの概要と症状、リスクについて

トップページ サイトマップ