運動の「良いところ」を知って新たな励みにする

運動の「良いところ」を知って新たな励みにする

運動は体に良い

 

断定させていただきますが、この言葉を生まれてこの方聞いた事の無いという方など「居ません」。

 

それだけこの要素は浸透しており、社会通念のものだと言えます。

 

ところが、「じゃあどのように体に良いの?」と問われると返答に詰まる方が大多数であるのが現状で、「運動の体への効果」を正確に知る方など皆無なのです。

 

今回は、その運動の体への効果を正確に知り、根拠を踏まえた上で効果的な運動が可能となるよう邁進しましょう。

 

ダイエット

 

言わずと知れた運動の効果です。

 

最早説明不要ではありますが、運動を行う事で体脂肪の減少効果を促し、体にある余分な脂肪を消費する事で減量に繋がります。

 

軽い運動でも十分に効果があるので、是非お試し下さい。

 

生活習慣病の予防

 

前項の通り、運動がダイエット効果となる事はご理解いただけたと思います。

 

肥満が糖尿病や高血圧等、あらゆる生活習慣病のリスクとなるのですが、それを解消する事でそのリスクが消失し、結果的に予防となるのです。

 

心の病気にも効果的

 

運動と言えば、身体的な面での効果を思い浮かべると思いますが、精神的な効果も絶大なものとなります。

 

運動により脳内神経伝達物質の働きが円滑になり、ストレス解消となるのです。

 

心の病気を患った経験のある方ならお分かりいただけると思いますが、心の病気の治療法に「運動療法」が組み込まれているのが何よりの証拠です。

 

アンチエイジング効果

 

ヒトは成人後、徐々に成長ホルモンの生成能力が低下します。

 

この成長ホルモンという物質は、老化を防ぐ効果を持つのですが、運動を行う事で成長ホルモンの生成能力を維持し、いつまでも若い見た目を維持する事が出来るのです。

 

筋肉等の身体的機能の向上

 

筋肉は、負荷をかけないとその能力は少しずつ低下します。それにより、身体機能が低下し思うように動けなくなってしまいます。

 

ですが、運動を行う事で筋力の向上や維持がなされ、身体機能が衰えずに年齢を重ねる事が出来るのです。

 

なお、骨等の筋肉以外の身体機能も向上します。

 

疲労回復

 

運動をしているのに疲労回復?と疑問に思われるでしょうが、これは「その時」の事ではなく「結果的に」という意味となります。

 

理由は、運動を行う事で心肺機能が向上し手足の末端にまでしっかりと血液が流れるようになります。

 

それにより、血液と細胞との酸素や老廃物等のやりとりがスムーズになり、結果的に疲労回復に繋がるのです。

 

脳の活性化

 

前述で、運動により脳内神経伝達物質の働きが円滑になると記述しました。実はその中に、記憶力や集中力を向上させる物質も含まれており、それらも勿論円滑な働きとなる為、単純に「頭が良くなる」のです。

 

あまり疲労を重ねるとかえって頭は働かないので注意しましょう。

 

まとめ

 

これで、運動の素晴らしい効果についてのご理解が得られたと思います。

 

メリットがあまりに多すぎて、運動をしないのがもったいないと思えるくらいになれば、あなたはこれからたくさんの運動の恩恵を得られるでしょう。


関連ページ

健康にいい有酸素運動
健康にいい有酸素運動
有酸素運動を知り効率的な肥満やメタボリックの解消を
有酸素運動を知り効率的な肥満やメタボリックの解消を
忙しくても時間がなくても出来る運動不足解消
忙しくても時間がなくても出来る運動不足解消
「有」じゃない「無」酸素運動のダイエット効果について
「有」じゃない「無」酸素運動のダイエット効果について
健康の為の筈が・・・運動中のトラブルを事前に知る
健康の為の筈が・・・運動中のトラブルを事前に知る

トップページ サイトマップ