有酸素運動を知り効率的な肥満やメタボリックの解消を

有酸素運動を知り効率的な肥満やメタボリックの解消を

肥満やメタボリックと診断された方において、それを解消する為の手段を知るという事は、生活習慣病を予防するという観点で必要不可欠なものです。

 

ですが、大抵の方は適切な解消方法を知らず、誤った知識や認識で不適切な解消方法を試しては失敗を繰り返しているのが現実です。その中で最も多い誤りが、「有酸素運動に対する知識、認識」だと言えます。

 

誤った知識や認識で有酸素運動を行おうとしたが為に、かえって体重増加という悲劇を生む事も少なくはないのです。よってここで改めて有酸素運動を知り、効率的なダイエットに励みましょう。

 

有酸素運動の基本的な話

 

そもそも有酸素運動とは何なのか

 

運動には大きく分けて2種類のものがあります。ひとつは今回のキーワードである「有酸素運動」で、継続的な身体に対する負荷を与える事により、脂肪を燃料として使用させるものを指します。

 

もうひとつは「無酸素運動」で、瞬間的な身体に対する負荷を与える事により、糖質を燃料として使用させるものを指します。何処に違いがあるか分かりますか?

 

そうなんです。人間の身体には「脂肪」と「糖質」というエネルギーが蓄えられていますが、運動内容によりその使用エネルギーが変化するのです。まずはこれを覚えておきましょう。

 

どうして有酸素運動はダイエットに良いのか

 

有酸素運動の極意は、「細胞に酸素を取り込む」事にあります。

 

まともに酸素を取り込まず、体内の糖質のみをエネルギーとして使用する無酸素運動を比べて、有酸素運動はしっかりと呼吸が出来る環境にあり、それを行う事で細胞に酸素が行き渡ります。

 

それにより細胞の活性を促し、細胞が活性化するという事は活性の為のエネルギーを使うという事になるのです。そして、その使用するエネルギーというのが、他ならない「脂肪」なのです。

 

結局、どのような運動をしようが運動は運動であり疲労は免れません。それなら効率良く、疲労を少なくダイエットを考えた方が余計な疲れを溜める事もありません。

 

では無酸素運動には意味がないのか

 

結論から述べます。「有酸素運動であろうが無酸素運動であろうが結論は同じ」です。

 

たしかに、使用されるエネルギーが脂肪と糖質で分かれてしまいますが、ダイエットが目的であれば最終的に行き着くところは同じなのです。

 

これが何かと言うと、無酸素運動は糖質を消費し筋肉に乳酸を溜めます(筋肉痛の理由)。

 

乳酸が溜まった筋肉は超回復を経て筋肉量が増加し、その結果基礎代謝量を増加させます。それにより、自分の消費エネルギーが増加する為にダイエットとなるのです。

 

しかしこの手順はいささか遠回りとなります。効率を考えるのであれば、やはり有酸素運動に軍配が上がると言えるでしょう。

 

有酸素運動にはどのようなものがあるのか

 

簡潔に言えば、長時間の継続が可能な軽い運動となります。

 

ウォーキング、ランニング、水泳、サイクリングなど・・・もっと多くの有酸素運動が存在しますが、「今自分が出来るもの」と考えると、これらが現実的だと言えます。

 

まとめ

 

有酸素運動には、ダイエットを行おうとする者にとって最も辛い「継続」と「長時間」が求められます。

 

しかし、有酸素運動に対する知識や認識を得る事で、運動中に「今自分の脂肪が燃焼している」という意識を持つ事が出来るのです。

 

そして、それはきっと今後のあなたの励みになると思います。


関連ページ

健康にいい有酸素運動
健康にいい有酸素運動
忙しくても時間がなくても出来る運動不足解消
忙しくても時間がなくても出来る運動不足解消
「有」じゃない「無」酸素運動のダイエット効果について
「有」じゃない「無」酸素運動のダイエット効果について
健康の為の筈が・・・運動中のトラブルを事前に知る
健康の為の筈が・・・運動中のトラブルを事前に知る
運動の「良いところ」を知って新たな励みにする
運動の「良いところ」を知って新たな励みにする

トップページ サイトマップ