忙しくても時間がなくても出来る運動不足解消

忙しくても時間がなくても出来る運動不足解消

運動不足は多くの・・・いえ、ほとんどの成人に思うところがあるのが現状でしょう。明らかに運動不足であるのに時間がない、面倒さや億劫さ等でなかなか運動に踏み切れない方が大半なのです。

 

しかし、運動不足を放置しておく事は生活習慣病を進行させる可能性が高まり、決して侮ってはいけないものです。

 

でも面倒・・・時間が・・・そんな方に、物事の「ついでに」運動不足を解消する方法をご紹介します。

 

簡単に運動不足を解消する方法

 

通勤や帰宅途中を利用する

 

「時間がない」「仕事が忙しい」という方にお勧めの方法となります。あなたはどのように通勤していますか?どのような通勤方法でも、必ず「歩く」というプロセスがあります。それを利用するのです。

 

例えば「階段」が挙げられます。いつもはゆっくりと一段ずつ上がっていると思いますが、それを一段抜かしをしたり少し速度を早めてみましょう。階段の無い普通の路上であれば、会社まで歩く速度を上げてみましょう。

 

「これだけ?」と思われるでしょうが、通勤は概ね平日の5日です。週に5日通勤と帰宅でそれを重ねれば、その運動量は馬鹿にならないのです。

 

仕事中も運動は出来る

 

通勤や帰宅以外では運動は出来ないのか?という問いがあれば、それはNOです。何故なら、「仕事中でも」運動は十分に可能だからです。

 

勤務中に運動なんて、さすがに無理がありすぎると思われる事でしょう。きっと仕事に差し支えると考えられるでしょうが、そうではないのです。仕事に影響を与えない、「仕事中の運動」が可能なのです。

 

かといって養成ギプスなどを付けろとは言いません。ボールなどを合間に手で握りこんだり、座席に座っている最中に足を浮かしたり等の簡単な運動です。

 

「それで効果があるの?」と思われるでしょうが、こんな簡単な運動でも筋力は付きます。筋力が付くという事は、基礎代謝を高める事に繋がるのです。

 

自宅でも合間の運動

 

ジャージを着て、準備運動をして、さあ今から運動だ!という形が苦手な方は、自宅でも「ついでに」運動してしまいましょう。

 

自宅であれば、家事等を行えば基本的な運動はカバー出来ます。しかし、家事を家族に任せている場合はそれが出来ないので、横になってテレビを見ている時でも、PCに向かってネットサーフィンをしている間でも、片足を上げ下げしたり、首の運動や手を回す等の柔軟体操的なもの、思い付く限りで何かしらの運動を意識的にしてみましょう。

 

ひとつひとつの効果は微々たるものです。ですが運動の効果を得る為には、どのような場合でも「積み重ね」がものを言うのです。

 

運動不足解消のまとめ

 

厳しい意見を言えば、「時間がない」「忙しい」は運動をしたくない為の理由付けでしかありません。本気で、心から運動をしたいと思えば、どのような状況でも運動をしようと気持ちが動くのです。

 

あなたはまだそのような気持ちになっていないだけであり、今回の内容を実践しながら少しずつ運動に対する気持ちを高めていけば、いずれ「さあ!運動するぞ!」という気構えを得られるでしょう。


関連ページ

健康にいい有酸素運動
健康にいい有酸素運動
有酸素運動を知り効率的な肥満やメタボリックの解消を
有酸素運動を知り効率的な肥満やメタボリックの解消を
「有」じゃない「無」酸素運動のダイエット効果について
「有」じゃない「無」酸素運動のダイエット効果について
健康の為の筈が・・・運動中のトラブルを事前に知る
健康の為の筈が・・・運動中のトラブルを事前に知る
運動の「良いところ」を知って新たな励みにする
運動の「良いところ」を知って新たな励みにする

トップページ サイトマップ