お酒好きの方は必見!アルコールの基礎知識について知る

お酒好きの方は必見!アルコールの基礎知識について知る

全国津々浦々、お酒が好きで日常的に飲まれている方が、我が国では多数に上ると考えられます。

 

ですが、毎日のように飲むお酒・・・

 

要するに「アルコール」なのですが、これに対する知識を備えた上でお酒を飲まれていますか?

 

まず、アルコールに対する造詣が深い方は飲酒をされている方の中には皆無だと思われます。

 

よって今回は、自分が飲むアルコールの本質を知り、基礎知識を身に付け、改めて飲酒について考えましょう。

 

アルコールとは?

 

皆様が口にしているアルコールは、一般的に「エタノール」と呼ばれるものです。

 

世間でアルコールと言えば単にエタノールを指す事が多いのですが、実際アルコールという種類は複数あり毒性がある「メタノール」、肝不全を引き起こす「グリセリン」もアルコール類となります。

 

アルコール=お酒というイメージとなっていますが、実際は食品、薬品、液体燃料、各種溶剤等多岐に渡る利用がなされており、人間の生活には欠かせないものとなっています。

 

むしろ、お酒として使われるアルコールはその他の利用と比較してかなり少ない割合になるでしょう。

 

お酒用のアルコールは、皆様もご存知だと思いますが穀物(米や麦)の「発酵」により生成されます。

 

気軽に飲まれてはいますが毒性があり、ヒトに対して発がん性を持っています。

 

ただし少量ではむしろ体に有用であるとされ、飲酒に「適度さ」が求められる理由となっています。

 

飲んだ後に体で何が起こっているか

 

お酒を飲んだ後、「酔う」という現象が起きるのですが、これがどのような原理で起こっているのかを説明します。

 

最初、経口摂取されたアルコールは体内で(胃で2割、腸で8割)吸収され、血液にその成分が及びます。

 

その後、酢酸に分解されて筋肉等でさらに分解され(二酸化炭素など)まもなく排出されます。

 

この過程でアルコールを含む血液が体内を循環するのですが、その途上にある「脳」に到達した際にアルコールの作用で脳神経を麻痺させてしまいます。

 

この麻痺が「酔う」という現象なのです。

 

アルコールは最終的に全て排出され体内には残りません。

 

ですが、多くの飲酒をされる方でよく「二日酔い」という状況になりますが、これは単に体のアルコールの分解作用が追いつかない為に体内に残り続けるのです。

 

適度な量であれば、5時間もあれば排出されます。

 

多量の飲むという事

 

お酒を多量に飲んだ際、体には様々な影響が現れます。

 

少量飲むだけであれば、むしろ体は活性化し気分が良くなります。若干判断力が落ちますが、いわゆる「ほろ酔い」であり健康に良いお酒の飲み方だと言えるでしょう。

 

問題は「それ以上」の飲酒です。

 

酩酊と泥酔に区別しますが、酩酊は個人差もありますが気が大きくなり少々乱暴になる事が多いと言えます。

 

泥酔となれば、意識もはっきりせず言葉にならない言葉を話す事もあります。よく「飲んだ記憶がない」のは、泥酔にまで至っているからです。

 

それ以上となると「昏睡状態」になります。下手をすれば死に至るので、ここまで飲むような愚かな真似はやめておきましょう。

 

まとめ

 

如何でしたか?これでお酒・・・

 

アルコールの基礎が身に付いたと思います。

 

自分がいつもどの程度飲んでいるのかを把握した上で、健康を害しないように「正しいお酒」「楽しいお酒」を心掛けましょう。


関連ページ

アルコールと健康|適量なら良薬になる?
アルコールと健康|適量なら良薬になる?
多量飲酒によってリスクが高まる各疾患について
多量飲酒によってリスクが高まる各疾患について
飲酒は「時間帯」が違うだけで大きく影響が変化する
飲酒は「時間帯」が違うだけで大きく影響が変化する
お酒で記憶がなくなる方必見!ブラックアウトの概要と危険性について
お酒で記憶がなくなる方必見!ブラックアウトの概要と危険性について

トップページ サイトマップ