アルコールと健康|適量なら良薬になる?

アルコールと健康|適量なら良薬になる?

「お酒」と聞いて、それが健康に結びつくと考える方は少ないと考えられます。大半は、「酒は体に悪い」「飲まない方がいい」と結論付けていると言えるでしょう。

 

きっぱりと言いますが、それは誤りです。「酒は百薬の長」という言葉を聞いた事があると思います。今回はその根拠を、お酒が体にもたらす良さを述べさせていただきます。

 

大病のリスク減少

 

決して大量摂取せず、あくまでお酒を「嗜む」程度の方は、大病のリスクを減少させる事が明らかとなっています。

 

病名で言えば「心筋梗塞」「脳梗塞」など、血液を要因とする致命的な疾患による死亡率が低い傾向にあるのです。これは、血液中の血小板の凝固作用を抑制する為だと言われています。

 

ただし、個人でアルコール耐性は大きく違い、一概にお酒を嗜めば上記の疾患の罹患率が減る訳ではありません。

 

少しでも体にアルコールが入ると動作に支障が出る、お酒を飲む事がストレスになるなど、メリットよりデメリットが上回ってしまえば意味がないので、無理にお酒を飲む事だけはやめておきましょう。

 

リラックス・アロマ効果

 

アルコールが体内に入ると血流に乗って全身を巡り、それに伴い本能的な意識(感情など)が強くなり、精神高揚や活発化に繋がります。

 

さらに、理性が弱まる事により緊張がほぐれリラックスを促し、気分を落ち着かせる効果が期待出来るのです。

 

これが、お酒を飲んでストレス解消!と言われる所以です。繁華街で、千鳥足で歩いているサラリーマンは、これを求めてお酒という手段に訴えているのだと言えます。(もっとも、あの状況は明らかに飲み過ぎですが・・・)

 

そして皆様がよく飲む「ビール」。これは意外にもミネラルが多く含まれており、リラックスやアロマだけでなく栄養的な意味でも十分体に良いそうです。ただし利尿作用があるので、飲み過ぎれば意味はありません。

 

しかし飲み過ぎは・・・

 

結局お酒で何が問題になるのかと言うと、やはり「飲み過ぎ」です。それさえなければ、「飲酒」という行為はもっと崇高なものとなっていた筈なのですが、そう上手くはいきません。

 

嗜む程度であれば大きなメリットを獲得出来ます。しかし、多量の飲酒の場合は逆に大きなデメリットを生むのです。

 

代表的なもので「アルコール依存症」があります。これに関しては、最早説明は不要でしょう。さらに、前述した循環器系の疾患等の死亡率を逆に跳ね上げてしまいます。

 

その他、癌のリスクを向上させる、尿酸値を引き上げる、各アルコール症候群の罹患率上昇など・・・しかし、自分だけに降り懸かるのなら自己責任であり仕方がないと言えます。

 

最大のデメリットは、他人に迷惑を掛ける行為です。代表的なもので「飲酒運転」「暴力」などがあり、そのような無礼を働く者にお酒を飲む資格は無いと考えて下さい。

 

まとめ

 

要するにお酒は、「飲み方」次第で敵にも味方にも成り得ます。出来れば味方に引き込み、これからもより良い付き合いをしていきたいものです。


関連ページ

多量飲酒によってリスクが高まる各疾患について
多量飲酒によってリスクが高まる各疾患について
お酒好きの方は必見!アルコールの基礎知識について知る
お酒好きの方は必見!アルコールの基礎知識について知る
飲酒は「時間帯」が違うだけで大きく影響が変化する
飲酒は「時間帯」が違うだけで大きく影響が変化する
お酒で記憶がなくなる方必見!ブラックアウトの概要と危険性について
お酒で記憶がなくなる方必見!ブラックアウトの概要と危険性について

トップページ サイトマップ