生活習慣病とは?その予防方法は?

生活習慣病とは?その予防方法は?

働き盛りの年代に襲い掛かる生活習慣病・・・対象の年代であれば、もはや「既に自分も」と考えてもよい程身近なものとなっています。

 

そのように身近なものである故「大した事はないだろう」と思われますが、実際は直接命を脅かす疾患も含まれており、決して侮ってはいけないものなのです。

 

生活習慣病を深く知り、予防に役立てていきましょう。

 

生活習慣病の概要について

 

一言で済ますと「乱れた生活習慣を起因とした疾患」となります。

 

喫煙、飲酒、運動不足等の生活習慣を継続していたが為に、それを原因として病に伏せる事になるのです。

 

疾患別に挙げると「脳卒中」「糖尿病」「心臓病」「肥満」「高血圧」「脂質異常症(高脂血症)」となります。

 

段階的に述べると、不規則な生活習慣を続けた後にまず「肥満」「高血圧」「脂質異常症」を患う事になります。

 

この状態の時にダイエットや食生活を考え、引き返す事が出来ればリセットとなるのですが、何も改善もされないまま数年数十年に渡った場合、「脳卒中」「糖尿病」「心臓病」を発症する結果を辿る事になるのです。

 

生活習慣病のリスクについて

 

基本、生活習慣病のリスクとは「生活習慣の乱れそのもの」となります。では、「生活習慣が乱れる」とは具体的にどういう事なのでしょうか?

 

明らかに健康を害する生活習慣(喫煙、飲酒、寝不足等)を行う、生活習慣をより良いものする行動の回避(運動、休息)、精神衛生を保てない環境に居る(ストレス過剰等)、以上の3点が「生活習慣が乱れる」という意味となり、生活習慣病のリスクとなるのです。

 

前述しましたが、これらの生活習慣を継続する事により「肥満」「高血圧」「脂質異常症」となり、そうなれば残り3つの疾患は足元にまでやってきているのだと記憶に留めておきましょう。

 

どのように予防すればよいのか

 

「生活習慣病」であるという事は、その「生活習慣」を見直せば良いのです。

 

喫煙をされているのなら「禁煙」、飲酒が過剰であれば「断酒」、寝不足であれば「睡眠」、運動不足なら「運動」、休息していなければ「休息」・・・

 

しかし、ここで述べるだけであれば簡単ですが、忙しい最中これらを満たす行動など難しいでしょう。

 

よって、現実的な方法として「肥満」「高血圧」「脂質異常症」の3点を「避ける」ようにすればよいのです。この3点は、致命的な生活習慣病に罹患するまでに概ね経由します。

 

「太ってきた」→「痩せる」、「高血圧」→「塩分を控える」、「健康診断で脂質異常が出た」→「食事を見直す」、これだけで避ける事が出来るのです。

 

まとめ

 

生活習慣は「習慣」であり、改善を行おうとするのはなかなか困難です。ですが、それの行き着く先を想像すれば、意外と難なく改善出来る事もあります。要するに、命を天秤に図るという事になります。

 

そして「習慣」であるだけに、改善された生活が「習慣」となってしまえばその継続は意外と難しくないのです。思いつきでも良いので、とりあえず改善の為に動いてみましょう。


関連ページ

自分は糖尿病かも・・・?気になる方へ初期症状を解説
自分は糖尿病かも・・・?気になる方へ初期症状を解説
糖尿病は「気になった時」が検査の時期
糖尿病は「気になった時」が検査の時期
あらゆる病気の温床となる肥満を解消する為の着眼点
あらゆる病気の温床となる肥満を解消する為の着眼点
健康の基本「規則正しい生活」の定義を学ぶ
健康の基本「規則正しい生活」の定義を学ぶ
抑えたい血糖値は食べ方の工夫で達成可能
抑えたい血糖値は食べ方の工夫で達成可能
これまで経験した事のない激痛!それは尿路結石です
これまで経験した事のない激痛!それは尿路結石です

トップページ サイトマップ