原因は「スマホを使うだけ」?スマホ症候群の概要と改善について

原因は「スマホを使うだけ」?スマホ症候群の概要と改善について

携帯電話が世の中に普及し、暫くの期間が経過しました。

 

そして携帯電話は「スマホ」に進化した上で、携帯電話並の爆発的な普及を示し、現状手放せないのが通常となっています。

 

従来、携帯電話を所持する事の弊害が唱えられていました。

 

という事は、類似品であるスマホを所持する事の弊害も存在する訳ですが、そちらの方は以外と知られていません。

 

その為今回は、「スマホの」弊害であるスマホ症候群についてお伝えしますので参考にして下さい。

 

スマホ症候群とは?

 

スマホ症候群とは、要は「スマホの使いすぎ」であり、長時間に渡り操作等を行う事で様々な症状を呈するものを言います。

 

スマホが普及された昨今に症状を現す方が多く、現代病に位置付けられています。

 

しかし何故「スマホ」症候群なのでしょうか?

 

従来にも携帯電話が普及されていたのに、携帯電話では「症候群らしきもの」は見当たりませんでした。

 

これは、簡潔に言うと「スマホの機能」によるものです。

 

スマホは携帯電話とは違い、情報端末としての機能も兼ね備えており、一括りに言えば「小さなパソコン」なのです。

 

あなたは過去の携帯電話の時代、その画面を見続けていましたか?

 

「依存症」と言える程使い込みましたか?携帯電話はあくまで携帯電話であり、電話が主たる機能なのです。

 

よって、スマホ程画面を見つめたり、使い込む事はありません。

 

これが、携帯電話では現れずスマホで現れた弊害なのです。

 

症状について

 

スマホ症候群の症状は多くあります。疲れ目や視力低下等の「目の症状」、首や肩の「筋緊張(こり)」、腱鞘炎などの「腕や手の症状」が現れます。

 

携帯電話時代にも腱鞘炎を患う方は存在しましたが、スマホと比較すれば割合としては少なく、そこまで問題視されていません。

 

さらにスマホの場合、画面のブルーライトの影響もバカになりません。前述した目の症状の他、頭痛や嘔気を催す事もあります。

 

スマホはさらに進化をし続け、微細な表示や繊細な画面がなおも更新されています。

 

今後もそれに伴う弊害が現れる、又は悪化する事が懸念されています。

 

改善方法

 

改善方法と言っても、極端な話「スマホの使用を控える」だけで劇的に回復します。

 

ですが、一概にスマホの使用を控えろと言っても、そんな簡単に達成出来るのであればそもそもスマホ症候群にはなりません。

 

ですがよく考えて下さい。スマホ症候群の中にはドライアイなどを生じるケースもあり、その場合スマホの使用を控えたところで直ちに改善されません。

 

腱鞘炎も同じ事で、改善に時間の掛かるものが一定数存在し、それらの症状が現れる前には何が何でもスマホの使用を「自分で」制限しなければならないのです。

 

目薬や腕の運動等、一時的な改善に至る方法もありますが、それは決して「根本治療」とは言えないでしょう。

 

まとめ

 

スマホ症候群が現す症状は、どれもこれも面倒なものばかりです。

 

スマホにかじり付いてその後使えなくなるより、じっくりと長く使う方が「毎日使えて」助かるのではないのですか?よく考えましょう。


関連ページ

簡単にできるストレス解消法
簡単にできるストレス解消法
強い心で〜メンタルヘルス〜
強い心で〜メンタルヘルス〜という話。
意外と見落としがちな「心の健康(メンタルヘルス)」を守る
意外と見落としがちな「心の健康(メンタルヘルス)」を守る
その日の「気分」はとても大事?それだけで変わるモチベーション
その日の「気分」はとても大事?それだけで変わるモチベーション
新入社員・新入生の皆さんの憂鬱・・・それは五月病です
新入社員・新入生の皆さんの憂鬱・・・それは五月病です
心の病気は間近?その境界線を知る
心の病気は間近?その境界線を知る
ここぞに発揮出来ない能力・・・それは社交不安障害かも?
ここぞに発揮出来ない能力・・・それは社交不安障害かも?
「病気への恐怖」が病気?心気症の概要と改善方法
「病気への恐怖」が病気?心気症の概要と改善方法
「真面目な方」へ・・・あなたはいつも追い詰められています
「真面目な方」へ・・・あなたはいつも追い詰められています
あなたの「不安定な自分」は境界性人格障害によるものかもしれません
あなたの「不安定な自分」は境界性人格障害によるものかもしれません
携帯電話普及の弊害?地味に辛いファントムバイブレーションシンドロームについて
携帯電話普及の弊害?地味に辛いファントムバイブレーションシンドロームについて
合わせるのは心?身体?性同一性障害の概要と治療法について
合わせるのは心?身体?性同一性障害の概要と治療法について

トップページ サイトマップ