「水」太りとは?その原因と解消法について

「水」太りとは?その原因と解消法について

よく「水太りした」という言葉を聞きますが、これが何を意味しているのかを具体的に理解されていますか?

 

明確に理解して、水太りという言葉を選んでいる方は極少数だと思われます。

 

では水太りとは一体どのような現象なのでしょうか?今回は水太りについて、概要や原因、解消法についてお伝えします。

 

水太りの概要

 

結論から言いますが、要は「むくみ」と考えて下さい。世間で使われる水太りという言葉は、失礼な言い方ですが小太りの方が「水太りだ」と体よく使用しているだけに過ぎません。

 

厳密には、過剰摂取した水分が細胞に蓄えられている現象であり、「むくみ」と同義なのです。

 

ただ、水分だけではこのような現象は起こりません。何故なら、ヒトの体に蓄えられている水分は決められており、それ以上の水分は尿や汗となって排出されるからです。

 

では何故「蓄えられる」という現象が起こるのかというと、それは「塩分」によるものが大きいと言えます。

 

塩分を過剰に体に取り込む事で体内の水分バランスが乱れ、結果細胞に余分に水分を溜め込んでしまうのです。

 

原因について

 

先に、過剰な「水分」と「塩分」によるものが大きいと記述しました。そうです。

 

これら二つが水太りの何よりの原因なのですが・・・では、普段の生活を思い出して、「塩分」をそれほどまでに過剰に摂取する機会があったか確認してみましょう。

 

・・・思い出しましたか?そうです。日頃の職場での付き合いや飲み会等、お酒の席に座る機会が多いと思います。

 

水分であるたくさんのお酒を飲み、塩分の多いおつまみを食べる・・・

 

そして次の日の朝に現れるむくみ・・・これが「水太り」の実情なのです。

 

その生活は、最終的に「水太り」だけでなく本当の「肥満」に繋がる事は言うまでもありません。

 

解消法と注意点

 

解消法はとても簡単です。「体から水分を排出する」だけです。お風呂でも運動でも何でも良いです。汗をかく機会を増やして、さっさとその水太りからおさらばしましょう。

 

出来れば先日の摂取カロリーを踏まえた上で、しっかりと運動して排出するのが望ましいです。

 

水分の排出も行い、カロリーもしっかりと消費しておけば、お酒の席での暴飲暴食もリセットされます。

 

ただしこの方法は、その水太りがお酒の席が原因である事が明らかな場合のみです。

 

心当たりも無いのに水太り・・・むくみが現れている場合は、何かの疾患が背景にあるかもしれませんので、それが続く場合は内科に相談すると良いでしょう。

 

「むくみ」という症状はあらゆる疾患で現れる症状のひとつであり、単に原因が「水分」「塩分」だと頑なに思っていると、とんでもない目に会う可能性がありますので要注意です。

 

まとめ

 

そもそもヒトは水では太りません。まずはこれが前提なのです。朝起きたら手が腫れている、足がパンパンになっている・・・そうなればまずは、昨日の行動から思い出して下さい。

 

心当たりがあれば「運動」、無ければ「病院」と区切るくらいの思い切りが必要です。


関連ページ

メタボリックシンドロームの診断基準は?その予防方法は?
メタボリックシンドロームの診断基準は?その予防方法は?
過剰にしないでプチ断食
過剰にしないでプチ断食という話です。
夫婦で円満解決!メタボリックシンドローム
夫婦で円満解決!メタボリックシンドローム
若さを取り戻すためのウェイトトレーニング術
若さを取り戻すためのウェイトトレーニング術
お腹周りの脂肪・お腹がプヨプヨするのをどのように対処すればいいのか
お腹周りの脂肪・お腹がプヨプヨするのをどのように対処すればいいのか
実は「ありえない現象」?部分痩せという上手い言葉に注意!
実は「ありえない現象」?部分痩せという上手い言葉に注意!

トップページ サイトマップ