若さを取り戻すためのウェイトトレーニング術

若さを取り戻すためのウェイトトレーニング術

体の調子を整える。これはストレッチやトレーニングでできることです。ただ、年齢と共に運動能力や回復能力が落ちてきて思うように動けなくもなります。体が動かない→肉体機能衰え→余計に動かない。

 

悪循環していきますから年齢にあったトレーニングメニューが大切ですね。ここではその中でも若さと力強さを取り戻す、ウェイトトレーニングをご紹介します。

 

中年からのウェイトトレーニング

 

ウェイトトレーニングは筋肉に負担を掛けるものですから中高年には厳しいものといえます。

 

ただ、プロのアスリートは40歳を超えても現役生活を送り、プロゴルファーなどは更にそれ以上でもキャリアを送っている方もおられます。

 

また、弱って貧弱化したり、肥満傾向になっていくよりはたくましく若々しい肉体がかっこよくて自信の持てるからだといえます。

 

肉体の衰えは、絶対的な力強さが落ちてくるということ。そして、筋肉の回復力も落ちてきます。40歳以上にもなると、回復力が落ちるので特に激しいトレーニングが厳しくなります。

 

それに、痛みやすくなり、怪我も増えてくるでしょう。こんなところからもベテランシニアアスリートのすごさが分かってもらえるかと思います。

 

高齢になっていくと集中力も低下し、内臓などのからだの内側への不安も出てくるもの。しっかりとしたトレーニング計画があって激しいメニューがこなせるようになります。

 

実践 メニューや方法

 

トレーナーのいるトレーニングジムに通うなら利用料金も多くなりがち。そこまでの本格的取り組みをしないならメニューだけでも調べておくといいのです。

 

プロアスリートでも毎日アスレチックはしません。週に数回のトレーニングメニューを組み立ててからだの具合を見ながら消化していきます。

 

トレーナーの方は「週に一回では効果がありません。長く続けることが大事ですし、無理をしないことも大切」と、アドバイスしてくれました。

 

ベンチプレスやウェイトリフトの器具がなくてもウェイトトレーニングは可能です。ただ、設備のある施設でトレーナーの話を聞いてみるのも安全という意味でよいでしょう。

 

メニュー例

 

ベンチプレス、スクワット、バックプレス、バーベルカール、デッドリフト

 

各10回×1セット

 

次のトレーニングでは2セットに増やす。無闇に回数は増やさずできる範囲で続ける。連日メニューを行わずに間に休みを挟む。

 

こころもからだもトレーニング!

 

ボディビルダーやアクションスターのような見事な肉体。憧れと同時にいきすぎた感もありますね。自分はこのくらいでいい。

 

おなか周りを引き締めたい。体重を10kg減らしたい。昔着ていたジーンズを着てみたい。ボディラインをすっきりさせてシャープなスタイリングに。

 

そんな自分のトレーニングメニューを作って実践しましょう。

 

休みをどれだけとるかも大切ですし、プロテインなどの栄養などもあわせてとるのもいいですね。体を壊さないことがまず重要ですから、はじめは少しずつで慣れたら増やしましょう。

 

ダンベルやバーベルを使わない方法も考えればあると思います。

 

肉体を鍛えることは精神面も鍛えることになります。適度にハードなアスレチックをしてみることも気が引き締まっていいものですよ。


関連ページ

メタボリックシンドロームの診断基準は?その予防方法は?
メタボリックシンドロームの診断基準は?その予防方法は?
過剰にしないでプチ断食
過剰にしないでプチ断食という話です。
夫婦で円満解決!メタボリックシンドローム
夫婦で円満解決!メタボリックシンドローム
お腹周りの脂肪・お腹がプヨプヨするのをどのように対処すればいいのか
お腹周りの脂肪・お腹がプヨプヨするのをどのように対処すればいいのか
「水」太りとは?その原因と解消法について
「水」太りとは?その原因と解消法について
実は「ありえない現象」?部分痩せという上手い言葉に注意!
実は「ありえない現象」?部分痩せという上手い言葉に注意!

トップページ サイトマップ