あなたが快適な睡眠に至るまでの「経緯」をお伝えします

あなたが快適な睡眠に至るまでの「経緯」をお伝えします

ヒトの人生はの1/3は眠りで過ごします。

 

それはすなわち、眠りという要素がヒトにとって絶対に必要である、ヒトとして生きる為に、健康を維持する為に必要不可欠なものである事を意味します。

 

よって、適正且つ適切な睡眠がヒトの体には求められていると考えなければなりません。

 

ですが現実、それが出来ている方など皆無であり、まともな睡眠を取れていない方の方が圧倒的多数なのです。

 

その為今回は、あなたが快適な睡眠に至るまでの経緯をお伝えしますので、今後の睡眠の参考にして下さい。

 

眠りは人間の周期

 

眠る為には「眠る為の準備」というものが必要です。ヒトが眠るには、体を「そのように」移行して行かなければならないのです。

 

「眠くなれば勝手に寝る」と考えられている方も多いでしょうが、それは現状快適な睡眠が取れていない何よりの証拠となる事を肝に銘じておいて下さい。

 

理由を述べます。眠りというのは何も「疲労」や「時間」だけが作り出すものではなく、「人間の周期」も密接に関わっています。

 

多くの方はそれを無視し、自分のやりたい事や付き合い等で何かしら時間を割いています。

 

いくらその時は眠くなくても、実際は「人間の周期」として眠らなければならない状態になっており、そこに逆らう事で「快適な睡眠」が取れなくなっているのです。

 

就寝前

 

「快適な睡眠」とするには、就寝前の行動が大部分を締める事になります。箇条書きにしますので参考にして下さい。

 

1.入浴は温めのお湯に10分以上入る

 

(高温のお湯は、逆に覚醒を促し眠りを妨げる為です。)

 

2.電子機器に触れないようにする

 

(これもまた、使用する事で覚醒を促します。特に昨今はスマホの普及で、電子的な画面を長時間見つめる機会が多くなりましたので、特に注意する部分でしょう。)

 

3.運動は柔軟体操程度に留める

 

(強い運動も覚醒を促します。心地よい疲労は快適な眠りに重要ですが、ついつい過度になりがちですので注意して下さい。)

 

4.「その時間」には横になる

 

(何をしても眠くならない場合、それは人間の周期がズレているのです。眠くなくても横になる事で、やがてその周囲は調整されます。)

 

これら上記を守る事で、快適な睡眠の8割は達成していると言っても良いでしょう。

 

起床後

 

起床後も、「その日の」快適な睡眠に大きな影響を与えます。これもまた箇条書きにするので、しっかりと参考にしましょう。

 

1.二度寝は厳禁

 

(眠りのサイクルが崩れます。)

 

2.朝食は必ず食べる

 

(朝食を抜いた場合、多くは夜間に多く食べる事に繋がります。その為、満腹状態で余分に寝てしまう、満たされていないと眠れないサイクルが出来てしまう等、不具合が現れます。)

 

3.朝日を浴びる

 

(朝日が人間の体内時計を調整する事はご存じかと思います。それと同じで、朝日を浴びる事であなたの周期が元に戻り、適正な時間に眠たくなるように変化するのです。)

 

就寝前と併せてこれらを行う事で、最高の睡眠があなたに届けられると思います。

 

⇒ 睡眠についてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

まとめ

 

この現代、今回の内容を全て達成するのは非常に難しい事でしょう。休日等の「やれる日」だけでも効果はあるので、一度試してみて下さい。

 

きっと良い眠りにつける事だと思います。


関連ページ

睡眠が重要な理由は?睡眠をないがしろにしてはいけないわけ
睡眠が重要な理由は?睡眠をないがしろにしてはいけないわけ
朝スッキリ起きて1日を気持ちよく過ごす方法
朝スッキリ起きて1日を気持ちよく過ごす方法
不眠症〜軽視せず前向きな改善を〜
不眠症〜軽視せず前向きな改善を〜
マイクロスリープって何?知っておきたい現代用語
マイクロスリープって何?知っておきたい現代用語
不眠が足からやってくる?むずむず脚症候群について
不眠が足からやってくる?むずむず脚症候群について
あなたは何故いつも眠いのか?その原因を探る!
あなたは何故いつも眠いのか?その原因を探る!
睡眠時無呼吸症候群の原因と改善方法について
睡眠時無呼吸症候群の原因と改善方法について
寝ながら勝手に冷蔵庫へ!?睡眠摂食障害の原因と改善方法について
寝ながら勝手に冷蔵庫へ!?睡眠摂食障害の原因と改善方法について
ひどい場合は病気のサイン?寝汗の仕組みと考えられる疾患について
ひどい場合は病気のサイン?寝汗の仕組みと考えられる疾患について

トップページ サイトマップ