朝スッキリ起きて1日を気持ちよく過ごす方法

朝スッキリ起きて1日を気持ちよく過ごす方法

出来ればその日の疲れを次の日に持ち越さず、スッキリ起きて気持ち良く過ごしたいと願うのは当たり前のことですよね。

 

ですが大多数の方は上手く睡眠が取れておらず、疲労を残してしまうのが現状なのです。

 

快適な眠りを得て、張り切って気持ち良く1日を始めましょう。今回はその為の方法をお伝えします。

 

快適な睡眠には入浴が欠かせない

 

多忙であったり面倒などの理由で入浴せず、シャワーで済ます方が近年増えています。たしかに体の汚れを落とすという意味では有効ですが、それ以外の効果は一切無いと考えてよいでしょう。

 

入浴は体を暖め血行を促進し、疲労回復やリラックスの効果があるのは誰しもご存じかと思います。

 

実はそれだけではなく、リラックス効果により現れる「眠気」に従い眠る事により、良質の睡眠を得られるのです。

 

それにより、疲労の回復も通常の睡眠より向上する事になり、快適な目覚めを手に入れることができるようになります。

 

体を「ほぐす」重要性

 

就寝前に柔軟体操を行うのが良い、と書籍等でも記載されているのをご存じな方も多いと思います。実はこれには根拠があるのです。

 

要するに体を「ほぐす」事という意味なのですが、体をほぐれていない状態で睡眠を取る場合、体は血行不良の状態で血液が本来の能力を発揮出来ません。

 

その為、睡眠中に必要栄養素や酸素等を十分に送れずその分回復力は低下するのです。

 

逆に体をほぐす事により新陳代謝や血行が促進されます。それらが促進される事により、体の代謝が正常となり回復力が増すのです。

 

就寝前のPC等の電子機器は使わない

 

よく寝る寸前までTVを見たり、PCやスマホを触っていたりする事がありますが、これは快適な睡眠の天敵である事を知らない方が意外と多いと言えます。

 

画面に映るもの・・・いわゆる電子信号は、基本人体にはあまり良い影響を及ぼさないのです。

 

この場合、眠気を誘うどころか「覚醒」を促してしまうので、眠りにつくのが遅れてしまい目覚めが非常に悪くなるのです。

 

その為、せめて就寝1〜2時間前までには電子機器系統には触れないでおきましょう。

 

休日の過ごし方も考慮する

 

「今日は休みだから貪り眠ろう!」・・・これは大きな間違いです。適度な昼寝は後の快適な睡眠に繋がりますが、それは慣習付けるものであり多くの方は日中仕事等の活動をしており、昼寝という習慣がありません。

 

よって、休日の昼間に貪り眠るような真似をすれば、夜の睡眠への悪影響しか及ぼさないのです。目覚めが悪いだけならまだしも、そもそも睡眠自体取れなくなる可能性もあります。

 

ある程度であれば昼寝をしても問題はありませんが、せいぜい1時間程度にしておいて下さい。

 

⇒ 睡眠についてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

まとめ

 

その1日を気持ちよく過ごせるか否かは、前日の睡眠如何で大きく変化します。「その日だけ」でなく、「明日も」という先を見る事が「朝スッキリ」の秘訣となるのです。

 

決して疲労に慣れたり、睡眠を軽視して後回しにするような事は止めて下さい。いずれ疲労は病となり、あなたに降りかかってきます。


関連ページ

睡眠が重要な理由は?睡眠をないがしろにしてはいけないわけ
睡眠が重要な理由は?睡眠をないがしろにしてはいけないわけ
不眠症〜軽視せず前向きな改善を〜
不眠症〜軽視せず前向きな改善を〜
マイクロスリープって何?知っておきたい現代用語
マイクロスリープって何?知っておきたい現代用語
不眠が足からやってくる?むずむず脚症候群について
不眠が足からやってくる?むずむず脚症候群について
あなたは何故いつも眠いのか?その原因を探る!
あなたは何故いつも眠いのか?その原因を探る!
睡眠時無呼吸症候群の原因と改善方法について
睡眠時無呼吸症候群の原因と改善方法について
あなたが快適な睡眠に至るまでの「経緯」をお伝えします
あなたが快適な睡眠に至るまでの「経緯」をお伝えします
寝ながら勝手に冷蔵庫へ!?睡眠摂食障害の原因と改善方法について
寝ながら勝手に冷蔵庫へ!?睡眠摂食障害の原因と改善方法について
ひどい場合は病気のサイン?寝汗の仕組みと考えられる疾患について
ひどい場合は病気のサイン?寝汗の仕組みと考えられる疾患について

トップページ サイトマップ