睡眠が重要な理由は?睡眠をないがしろにしてはいけないわけ

睡眠が重要な理由は?睡眠をないがしろにしてはいけないわけ

睡眠は大事」と頭では理解していても、結局仕事や自分のやりたい事等で、ついつい睡眠はおざなりになる方が現代では多いのではないでしょうか?

 

睡眠はあなたが思う以上に重要なものであり、それをないがしろにする事で身体に様々な悪影響が出るのです。

 

改めてそれを知って、「睡眠は大事」という言葉を改めて噛みしめましょう。よって今回は、睡眠不足が身体に及ぼす影響をお伝えします。

 

理解力や判断力等の低下

 

睡眠不足が、脳に対して悪影響を及ぼすのは誰もが知るところです。しかしそれは漠然と「悪い」と知っているだけで、何がどのように悪いかを具体的に説明出来る方はなかなか居ないと思います。

 

脳はその1日でたくさんの情報を得ます。それを睡眠中に整理する事で、次の日の朝に「頭がすっきり」という結果を生み出すのです。

 

しかし寝不足の場合、脳が情報を整理しきれずに最適化なされてない状態で次の日が始まります。最適化されていない脳はその日も情報処理に追われる羽目になり、物事の理解や判断にまで手が及ばなくなるのです。

 

さらに注意力や思考力も低下し、事故を引き起こしたり突発的な事象に対応出来なくなる事も考えられます。このように、文字通り「”脳”力」がいちじるしく低下するのです。

 

身体的パフォーマンスの低下

 

上では「脳」を記述しましたが、身体的な悪影響も及ぼします。前日に疲労を重ねた体は、疲労を重ねるごとに常時回復に努めています。

 

その回復が最も促進される時間帯が「睡眠中」であり、そこが欠落する事により疲労の蓄積量が回復量を上回ってしまうのです。

 

そうなると、身体的パフォーマンスも低下します。頭で思う動きに体が付いてこれないのはこれが原因なのです。さらに「今日はだるい」「動きたいと思わない」を作り出す原因にもなります。

 

もし、このように感じた経験があるなら、それはまさしく睡眠不足のSOSを身体が発しているのです。よって、その日は出来るだけ身体を休めて労ってあげて下さい。

 

生活習慣病のリスク向上

 

たかだが睡眠不足で・・・と思う方は、まだ睡眠の重要性を理解出来ていません。睡眠不足というのはイコール生活習慣の乱れであり、よってそれは生活習慣病のリスクを引き上げる事に直結するのです。

 

睡眠不足「だけ」でも、先ほど説明したような理由としてリスクは向上しますがそれだけではありません。

 

睡眠不足であるという事はそれの「背景」もある訳で、そしてその背景はまず身体にプラスに作用するものではありません。

 

多くは仕事やお付き合いなど、適正でない時間帯の飲食やストレス・・・これらも睡眠不足に「漏れなく付いてくる」と考えられ、さらに生活習慣病のリスクを行き上げる要素となり得るものなのです。

 

睡眠とは乱れた生活習慣を正す手段のひとつでもあると考え、改めて見直す必要性があります。

 

⇒ 睡眠についてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

まとめ

 

解消方法はとても簡単です。ただ「眠るだけ」であり、それ以上それ以下でもないのです。

 

ただ、時間の合間に昼寝や明るい時間に横になるのは不眠に発展する恐れがあるので、あくまで「適正な時間」にしっかり眠るようにしましょう。


関連ページ

朝スッキリ起きて1日を気持ちよく過ごす方法
朝スッキリ起きて1日を気持ちよく過ごす方法
不眠症〜軽視せず前向きな改善を〜
不眠症〜軽視せず前向きな改善を〜
マイクロスリープって何?知っておきたい現代用語
マイクロスリープって何?知っておきたい現代用語
不眠が足からやってくる?むずむず脚症候群について
不眠が足からやってくる?むずむず脚症候群について
あなたは何故いつも眠いのか?その原因を探る!
あなたは何故いつも眠いのか?その原因を探る!
睡眠時無呼吸症候群の原因と改善方法について
睡眠時無呼吸症候群の原因と改善方法について
あなたが快適な睡眠に至るまでの「経緯」をお伝えします
あなたが快適な睡眠に至るまでの「経緯」をお伝えします
寝ながら勝手に冷蔵庫へ!?睡眠摂食障害の原因と改善方法について
寝ながら勝手に冷蔵庫へ!?睡眠摂食障害の原因と改善方法について
ひどい場合は病気のサイン?寝汗の仕組みと考えられる疾患について
ひどい場合は病気のサイン?寝汗の仕組みと考えられる疾患について

トップページ サイトマップ