お風呂は疲労回復に効果的!?体の疲れを取る方法

お風呂は疲労回復に効果的!?体の疲れを取る方法

入浴は習慣的に行うものであり、普段から「疲れを取りたいから」と無意識にお風呂へ向かわれていると思います。

 

ですがこの入浴、体の疲れを取ると言いますがどのような原理で、どのような仕組みで疲れが取れているのでしょうか?その詳細を知る方は決して多くは無いと言えます。

 

今回はその原理や仕組みを知り、もっと効果的に入浴し疲れを取る方法をお伝えします。

 

入浴の効果とは?

 

入浴には温度にもよりますが、多くの水を利用した水圧によるマッサージ効果、水の浮力で身体が水中で軽くなる事により起きるリラックス効果、単純に水をお湯の状態にする事で現れる温熱効果の3点が挙げられます。

 

マッサージ効果は、多くの水が入った湯船に浸かる事で身体が圧力を受けます。その圧力が身体に対してマッサージ効果を及ぼすのです。

 

リラックス効果は、陸上での活動時に比べ水の中には浮力があります。その浮力を受けて体が浮く事により、全身の緊張が解けリラックスとなるのです。

 

温熱効果は入浴する事で体温が上昇し、発汗を促し血管が広がります。この事により、血行を促進し血液の巡りが良くなり、老廃物を排出し代謝が上がるのです。

 

どのように入浴すれば効果的なのか

 

基本的に、自分の体温を超えて40度未満までが最良だと言われています。

 

あまりの高温(40度以上)になると、血液の流れが高温から逃げる為に血圧が上がったり、角質層を破壊してしまいます。よって、自分の適性な温度を探す必要があるのです。

 

適正な温度で入浴した場合、前述した3点の効果を得られる上に、「こり」の解消にも繋がり快適な眠りを誘います。出来れば20分以上、最低でも10分以上は湯船に浸かっておくと良いでしょう。

 

なお湯船に入った際、その10分〜20分で気になるところをマッサージするにもお勧めです。普段何気に揉んでいる箇所への効果が飛躍的に上昇します。

 

疲れは「その日」に取れる訳じゃない

 

通常「疲れを取りたいから」と入浴する訳ですが、実のところ入浴した後で速疲れが取れる訳ではありません。これに関しては、多くの方が疑問に思うところだと思います。何故入浴すると「疲れが取れる」と言うのか・・・

 

これには理由があります。湯船に浸かった日と、シャワーだけで済ました日と比べられた事のある方はお気づきかもしれませんが、お風呂で疲れが取れるというのは、入浴から「次の日の朝」までの一連の流れを含めているのです。

 

前述した3点の効果を得た後、リラックス効果による「安眠」が期待出来ます。安眠であるという事は良質の睡眠を得られているという事であり、次の日の朝で「疲労回復」が完全に達成されるという事なのです。

 

まとめ

 

入浴にはその他にも、清潔性を得られる、感染症を防ぐという効果もあります。疲労も取れて、身奇麗になり病気も防ぐ・・・お風呂とはまさに、万能薬であると言っても過言ではないのです。

 

日常的にシャワーである方はこれらの効果が得られませんので、面倒臭がらず積極的に入浴するようにしましょう。


関連ページ

治らない?風邪と共存しないように
治らない?風邪と共存しないように
体がだるいのは病気が原因!?その解消方法は?
体がだるいのは病気が原因!?その解消方法は?
疲れがたまっているのに頑張りすぎてない?実は危険な隠れ疲労
疲れがたまっているのに頑張りすぎてない?実は危険な隠れ疲労
疲労で毎日が憂鬱、そんなあなたに贈る疲労の基本と回復する方法
疲労で毎日が憂鬱、そんなあなたに贈る疲労の基本と回復する方法
侮れない致死率!軽く見てはいけない熱中症について
侮れない致死率!軽く見てはいけない熱中症について
まもなくやってくる猛暑!夏バテに注意
まもなくやってくる猛暑!夏バテに注意
真夏日なのに寒い?クーラー(冷房)病に注意!
真夏日なのに寒い?クーラー(冷房)病に注意!
女性は要注意!冷え性の原因と解消法について
女性は要注意!冷え性の原因と解消法について
脱水症状に注意!水分との付き合い方
脱水症状に注意!水分との付き合い方
「暑さ」が原因となる各疾患について
「暑さ」が原因となる各疾患について
「水」は必要不可欠であると同時に「毒」である事を知る
「水」は必要不可欠であると同時に「毒」である事を知る
あなたの「環境」に注意!「うつ熱」の概要と現れる疾患について
あなたの「環境」に注意!「うつ熱」の概要と現れる疾患について
子供から感染!?「大人の」ヘルパンギーナについて
子供から感染!?「大人の」ヘルパンギーナについて
生きる以上避けられない疾患の一つである更年期障害を知る
生きる以上避けられない疾患の一つである更年期障害を知る
特に女性は注意したい!過換気症候群の概要や対処法について
特に女性は注意したい!過換気症候群の概要や対処法について
汗と水分の関係について
汗と水分の関係について

トップページ サイトマップ