胸焼け・胸がイガイガして気持ち悪いのは逆流性食道炎のしわざかも

胸焼け・胸がイガイガして気持ち悪いのは逆流性食道炎のしわざかも

社会人であれば多くの方が経験した事があろう「胸焼け」や「胸のイガイガ」。ただの食べすぎ飲みすぎであれば良いのですが、もしかするとその症状は「逆流性食道炎」かもしれません。

 

この逆流性食道炎、ここ近年でよく聞く言葉であり罹患者(りかんしゃ)の多さから一気にその名が世間に知れ渡りました。要するに、それだけ患う可能性が高い疾患だと言えるのです。

 

「明日は我が身」とならないよう、逆流性食道炎の知識を得て予防や治療に役立てていきましょう。

 

まず逆流性食道炎とは何なのか

 

逆流性食道炎は、読んで字の如く「食道に逆流する」事です。では何が逆流するかという事なのですが、これは「胃液(胃酸)」が主に該当します。胃液が食道に逆流する事で、胸焼けや胸のイガイガだけでなく胃のもたれやげっぷ(おくび)、膨満感、咳などを引き起こしているのです。

 

胃液が逆流する結果、食道の粘膜を傷つけ炎症に至らしめます。炎症を引き起こす事で、胸焼けだけでなく最悪食道がんまで引き起こす恐ろしい疾患なのです。

 

「今はげっぷがたくさん出るくらいだから放っておいてもいいだろう」という考えが、その最悪の結果をもたらす事も・・・よって素人判断は危険で、油断出来ないものなのです。

 

胸焼けや胃のもたれと何が違うのか

 

食べすぎ飲みすぎも「胸焼け」、逆流性食道炎の「胸焼け」・・・では、通常ある胸焼けや胃のもたれと、逆流性食道炎の違いとは何なのでしょうか?

 

おおよそ似通った症状を現すのですが、逆流性食道炎には「その先」があるのです。一般的な胸焼け等は一夜明ければ、暫く期間を置けば概ね改善され、また似たような生活をした際に似たような症状が現れます。

 

しかし逆流性食道炎は違います。症状はほぼ継続的であり、「何時になったら治るんだろう」と当人が疑問に思い始めます。そしてもっと期間が経過した後医療機関を受診し、その時点で逆流性食道炎と診断されるケースが多いのです。

 

原因は「食べすぎ」だった筈なのに、何時まで経っても治らない・・・心当たりはありませんか?

 

予防と治療について

 

予防はとても簡単です。単に「胸焼け」を起こさないよう心掛けるだけです。その他、イガイガもそうですし胃のもたれや暴飲暴食を防ぐ為の食事を行えば、胸焼けの発展である逆流性食道炎には罹患しません。

 

ただし、別の要因で罹患している場合もあるので要注意です。ストレスや喫煙、食道ヘルニアも要因となっており、これらを原因とした罹患については要因となるものの排除や、根本治療が必要となります。

 

治療としては、基本日常生活の改善や胃に負担が掛からないように努めるのが主流です。重症度によっては薬物投与も考えられ、その際は胃酸を抑えるなどの目的で処方されます。

 

まとめ

 

これもまた、周囲との付き合いの多い社会人ならではの現代病です。そもそも人の体は暴飲暴食が出来るように作られておらず、無理に食べたり飲んだりする「ツケ」が逆流性食道炎となって、後日支払う羽目となっているのです。



トップページ サイトマップ