靴を履く度に現れる痛み・・・もしかすると外反母趾かもしれません

靴を履く度に現れる痛み・・・もしかすると外反母趾かもしれません

楽しみな外出、いざ靴を吐いたら足が痛む・・・折角の楽しい外出も台無しです。でもどうして足が痛むのでしょうか?

 

それは、「外反母趾」が強く影響しているのかもしれません。そんな「歩く」という基本的な行動を制限する、外反母趾という病気について今回は記述します。

 

外反母趾の概要

 

この病気はその字の如く、足の「母趾(親指)」が内側に曲がり、その付け根が外側(外反)に突き出してしまい、痛みを伴う病気です。

 

その突き出した部分が毎回靴を履く事で接触し続け、やがて炎症を起こし靴を履いていられなくなるのです。悪化すれば靴を履かなくても痛みが持続し、最終的に靴を履かずとも歩行すら困難になる厄介なものです。

 

従来、「靴」という文化が無かった日本には存在しない病気だったのですが、近年では欧米と同じく靴を履く文化に変化してしまったので、靴を履く者であれば誰でも起こり得ると考えて良いでしょう。

 

なお、扁平足等の外反母趾に「なりやすい」形状の足もあり、遺伝も少なからず関係があると言われています。

 

症状や治療について

 

症状は、とにかく「足が痛む」です。外反母趾の状態で靴を履くと、基本つま先が細くなっている形状である為、患部にさらに圧力が掛かり痛みが増していきます。

 

もう一つの症状として「目に見えた変形」があり、外反母趾となって付け根が外側に突き出したその形状は非常に醜悪であり、辛い気持ちになる事でしょう。

 

治療については、軽度であれば足の矯正が一般的です。

 

装具を付け、日にち薬で足の変形を元通りにしていくのが最もよくある治療です。

 

しかし、重度となれば外科的処置が免れません。突き出た母趾の付け根の骨を削り、元の状態に形成して行きます。

 

かなり大掛かりではありますが、現在の技術であれば翌日から歩行可能となるケースが多いようです。

 

外反母趾を予防する

 

そんな外科的処置を避けたいのであれば、まずは予防となります。そして、外反母趾の全ては予防で例外無く防げる事を、まずは理解して下さい。

 

「外反母趾の予防」と書くと難しそうに思えますが、実際は「つま先のゆったりした靴に換える」だけです。

 

草履でも雪駄でもなんでも良いです。単に「つま先が窮屈でない」ものであれば外反母趾は予防出来るのです。

 

やむを得ず窮屈な靴を履かなければならない場合は、その日の晩に足の指を積極的に動かす等の「足の体操」を行うと良いでしょう。

 

これも何かのルールがある訳ではありません。要は「動かす」事が大切なので、窮屈だった部分を色々と動かしてみましょう。

 

筋肉が徐々にほぐれていきますので、じんわりと汗をかいたくらいが効果抜群です。既に外反母趾の方でも一定の効果があるので試してみましょう。

 

まとめ

 

「歩く」という基本動作が出来ないのは致命的です。そして、その致命的な現実を与えてしまうのが外反母趾という病気であり、是が非でも避けなければならないのです。

 

「最近足が痛む」と嘆かれている方は、今すぐ靴を換えるなり足の体操を行いましょう。


関連ページ

働く人なら見ておきたい現代水虫事情
働く人なら見ておきたい現代水虫事情
安易な判断は厳禁?こむら返りに潜む各疾患
安易な判断は厳禁?こむら返りに潜む各疾患
歩く度に痛む膝・・・その原因と改善方法を知る
歩く度に痛む膝・・・その原因と改善方法を知る
今は大丈夫でも近いうちに・・・?偏平足を改善していく!
今は大丈夫でも近いうちに・・・?偏平足を改善していく!
足の「むくみ」から分かる各疾患について
足の「むくみ」から分かる各疾患について

トップページ サイトマップ