足の「むくみ」から分かる各疾患について

足の「むくみ」から分かる各疾患について

特に女性の方が気にする部分に、「足のむくみ」というものがあります。朝になって「足がパンパン・・・」と溜め息をついた事など幾度とあった事でしょう。

 

ですがそのむくみ、もしかすると何かの疾患を起因としているかもしれません。

 

安易に「一時的なもの」と考えず、視野を大きく持ってそのむくみと向き合いましょう。

 

今回は、むくみから分かる各疾患についてお伝えします。

 

むくみの仕組み

 

医学的には「浮腫」と言われています。割合としては女性に非常に多く見られ、誰しもが一度以上は経験しているものだと考えられています。

 

むくみの仕組みですが、簡潔に言えば「細胞が水分を溜め込んだ」為に起こります。

 

具体的に言うと、血液はその中に酸素や栄養、水分などを細胞に運びつつ体内を循環しているのですが、本来一定の水分量を維持する筈の細胞が、何らかの理由により本来の水分量より過剰に溜め込んでしまうのです。

 

基本的には、重力の影響を受ける「足」に症状が現れます。

 

心臓の位置から最も遠い、血流が悪くなりやすいという理由もあります。

 

その多くは一過性のものであるものの、一定数何らかの疾患を起因としてむくみを発生させる場合があるので要注意の症状です。

 

その際は、足に限らず「手」等の「足以外の箇所」にむくみが現れる事があります。

 

一般的な「むくみ」

 

心配の無い、一般的なむくみの原因として考えられるのは、「継続した起立状態」「水分や塩分の過剰摂取」「血行不良」が挙げられます。

 

「継続した起立状態」については、要は立ちっぱなしで足に水分が過剰に行き渡ってしまったが為に起こります。マッサージや入浴、起立状態をやめる事で改善されます。

 

次に「水分や塩分の過剰摂取」です。塩分は水分を溜め込む性質があり、そこで水分を過剰に摂取すると細胞の水分が飽和状態となるのです。

 

最後に「血行不良」ですが、これこそ女性にむくみ症状が多い最大の原因となります。

 

この血行不良の原因の多くは「冷え性」である事が考えられ、冷え性は毛細血管にまで血流を届かなくさせてしまう為、適正な水分を細胞が維持出来なくなるのです。

 

なお、運動不足による血行不良もむくみを誘発させます。

 

考えられる疾患

 

上で紹介したのとは逆に、問題のあるむくみの原因として考えられるのは、「腎疾患」「肝疾患」「静脈瘤」が挙げられます。

 

「腎疾患」については、腎臓の機能が弱まる事により排尿が阻害されます。

 

排尿が阻害されるという事は、体の余分な水分が排出出来ないという意味であり、その余分な水分は細胞に蓄えられてしまうのです。

 

次に「肝疾患」です。肝臓は血液に、「水分を適正量維持する」という機能を持つ物質を与えています。

 

肝疾患によりそれが失われる事で、血液から余分な水分を細胞に与えたり、細胞からの水分を受け取らないという現象が起こり、細胞の水分量を一定に保てなくなるのです。

 

最後に「静脈瘤」です。下肢に静脈瘤が現れる事で、静脈弁が破壊され血液の逆流が起こります。

 

それにより、血液が下肢に溜まってしまい、むくみが現れるのです。

 

まとめ

 

如何でしたか?足がむくんだと一口に言っても、その原因は様々です。

 

むくみを繰り返す方は安易な判断を下す前に、一度医療機関で精査をする方が今後の安心を買えると考えなければなりません。


関連ページ

働く人なら見ておきたい現代水虫事情
働く人なら見ておきたい現代水虫事情
安易な判断は厳禁?こむら返りに潜む各疾患
安易な判断は厳禁?こむら返りに潜む各疾患
靴を履く度に現れる痛み・・・もしかすると外反母趾かもしれません
靴を履く度に現れる痛み・・・もしかすると外反母趾かもしれません
歩く度に痛む膝・・・その原因と改善方法を知る
歩く度に痛む膝・・・その原因と改善方法を知る
今は大丈夫でも近いうちに・・・?偏平足を改善していく!
今は大丈夫でも近いうちに・・・?偏平足を改善していく!

トップページ サイトマップ