体のあちこちの痛み・・・それは骨盤の歪みが引き起こす!

体のあちこちの痛み・・・それは骨盤の歪みが引き起こす!

背中が痛い、肩が痛い、足が痛い・・・ここ近年でそのような、体のあちこちの痛みはありませんか?

 

心当たりがある場合、もしかするとあなたの骨盤が歪みに歪みきっているかもしれません。

 

今回は何故、骨盤の歪みがそのような症状を引き起こすのかをお伝えしますので、適切な処置を施せるよう知識を向上させましょう。

 

全身と骨盤の関係

 

冒頭で背中の痛み、肩の痛み、足の痛みなど、体の各箇所の症状を記述しました。しかし、題名は「骨盤」を主軸としており、多くの方は「骨盤が関係あるの?」と思われると思います。

 

関係は大ありです。骨盤というのは体を支える中心的な役割をこなしています。

 

その体を支える部分に歪みが発生した場合、簡単に言えば「体の支えに無理が生じる」のです。

 

骨盤が歪むと姿勢も歪みます。その為体は不安定な状態を保つ事となり、その結果体中の骨格や筋肉等に負担が掛かり、痛みとなって現れるのです。

 

しかもこの痛み、骨盤の歪みに気付かずに長らくに渡り続く事になります。マッサージ等の対症療法をしたところで改善には至らず、持病めいたものとなって付き合う羽目になるでしょう。

 

どうして骨盤が歪むのか

 

これは簡単です。不自然な姿勢でデスクワークをする、足を組むのが癖な方、普段から姿勢の悪い方など、このような条件で骨盤はいとも簡単に歪みを引き起こします。

 

そして、歪んだ骨盤はその状態のままとなり、体の各箇所は歪んだ骨盤を補助する為に自ら徐々に歪み、無理矢理体のバランスを取ろうとします。その結果が「痛み」なのです。

 

骨盤は外的要因でしか歪みません。今あなたの骨盤が歪んでいるのは、これまでの日常生活等が骨盤に負担が掛かるものであったと考えるべきなのです。

 

その他、女性であれば出産がきっかけで骨盤が歪む事があります。ですがその場合は一時的であり、産後に落ち着けば多くは元に戻ります。

 

矯正が求められる

 

歪んだ骨盤を元に戻すには矯正しかありません。

 

自ら意識して姿勢を正し、時間を掛けてじっくり矯正するのも良いのですが、大半は頓挫する事になるのでカイロプラクティック等の専門的な知識がある場所へ赴くのも手段のひとつです。

 

それに加えて自分自身が日常から姿勢を正し、腰に負担をかけない、骨盤を歪ませないようにするという意識が必要となります。専門家だけに任せるのではその場凌ぎにしかならないからです。

 

矯正ベルト等、補助器具などを使用するのも効果ありです。自分一人では難しい骨盤矯正は、器具や専門家の助力により飛躍的に効率が増します。

 

ただし一言だけ言っておきます。骨盤の矯正は「短時間では完治しません」。長年掛けて歪んだものは、長年かけて治療していかなければならないのです。

 

骨盤矯正をサポートするグッズ

 

上でも紹介したように、骨盤の矯正には専用の道具を使うのもありです。

 

なかでも、骨盤のサポーターはつけているだけでいいので、一度試してみるといいでしょう。

 

エクササイズとか、器具を使って毎日体を動かすタイプだと億劫になって放置しがちですからね。

 

大切なのは、粘り強く続けていくことです。

 

まとめ

 

極論を言えば、骨盤が歪んでいようが命に別状はありません。しかし、この歪みを放置する事により最終的に体は弱り、結局様々な疾患に悩まされる事になります。

 

要するに、保たれていた体のバランスが崩れれば、辿る結末は同じなのです。


関連ページ

現代病の腱鞘炎とうまく付き合う
現代病の腱鞘炎とうまく付き合う方法について紹介しています。
関節痛は一生もの、向き合って改善を
関節痛は一生もの、向き合って改善を
筋肉を付けると痩せる?基礎代謝量との深い関係
筋肉を付けると痩せる?基礎代謝量との深い関係
即死もありえる!?静脈血栓塞栓症の危険性について知る
即死もありえる!?静脈血栓塞栓症の危険性について知る
四十肩五十肩・・・年齢から来る肩の痛みに注意!
四十肩五十肩・・・年齢から来る肩の痛みに注意!
「真っ直ぐ」がかえって問題!?ストレートネックという現象について
「真っ直ぐ」がかえって問題!?ストレートネックという現象について
少しずつ骨を蝕み脆くなる・・・骨軟化症の原因と治療法について
少しずつ骨を蝕み脆くなる・・・骨軟化症の原因と治療法について
生活習慣は「足」にも影響を!閉塞性動脈硬化症の概要と治療法について
生活習慣は「足」にも影響を!閉塞性動脈硬化症の概要と治療法について
サラサラで健康的な血液を保つ方法
サラサラで健康的な血液を保つ方法
糖尿病患者だけのものじゃない?低血糖症の概要と改善方法について
糖尿病患者だけのものじゃない?低血糖症の概要と改善方法について

トップページ サイトマップ