四十肩五十肩・・・年齢から来る肩の痛みに注意!

四十肩五十肩・・・年齢から来る肩の痛みに注意!

ある年代に差し掛かったら、肩の痛みという症状が自然に訪れる傾向があります。

 

そして、その症状とは決まって辛いものであり、下手をすれば日常生活にまで悪影響が現れます。

 

今回はそんな四十肩、五十肩という「年齢から来る」肩の痛みの概要を知り、予防や改善の為の知識としましょう。

 

「四十肩」「五十肩」とは?

 

四十肩、五十肩とは、その字の如く「その数字の」年代を中心にして現れる、肩の痛みを引き起こす疾患です。

 

正式名称は「肩関節周囲炎」と呼ばれ、従来は「五十肩」が一般的な俗称でした。

 

しかし昨今、40歳代でも発症するケースが多発し、40歳代においては「四十肩」と区別されるようになっています。

 

「40歳代以降」「肩の痛みや可動域の減少」「原因不明」の3つの条件を満たした場合に診断されます。女性に多く、人口の3%前後に発症すると言われ、片側だけに症状が現れるのが基本です。

 

よく「肩こり」と混同しますが、肩こりは筋緊張であり「疲労」の一種で、四十肩や五十肩は「炎症」という違いがありますので覚えておきましょう。

 

症状について

 

初期は主に「鈍い痛み」で、腕の可動域が狭まります。この時点では、一定の可動域を超えた場合にのみ症状が現れるので、肩こりや筋肉痛と思い込んでしまいがちです。

 

ですが症状が進行すると、鈍痛ではなく激痛に及びます。

 

ここまで症状が進むと、痛みの恐怖により腕の可動域はさらに狭まり、特定の動作しか出来なくなってしまいます。

 

さらに進行し重症となってしまった場合は、ちょっとした動作(頭をかく、歯磨き、着衣等)でも痛みが走り、日常生活が困難となります。

 

症状が始まってから重症化するまで、おおよそ半年以上掛かるケースがあり、初期症状ではまず四十肩、五十肩であると判別する事が出来ません。

 

ただし、前項に記述した3つの条件が当てはまればそのように診断されるので、早期に医師に相談し疾患を確定しておいた方が良いでしょう。

 

治療や改善方法

 

基本的には治療は必要なく、痛みのピークである半年前後を過ぎれば、症状は徐々に沈静化し1年経過した辺りで消失します。

 

ただし、あまりに痛みがひどい場合は腕を可動する事自体を控え、温熱療法で血行等を促進して治療を図ります。

 

ある程度痛みが治まったら、軽い肩の運動を行うと可動域が元に戻るでしょう。

 

薬剤投与も行われる場合がありますが、使用薬剤の関係で副作用が懸念されます。

 

ただし、症状そのものは劇的に改善される場合があるので、医師との相談の下ケースバイケースで使用するのが望ましいでしょう。

 

個人で改善を試みる場合は、痛みが残っていても少しずつ肩や腕を動かすようにすると、いざ症状が治まった後でも円滑な可動が期待出来ます。

 

まとめ

 

今まさにその年代の方も、これからその年代に差し掛かる方も、この疾患が「原因不明」である以上、自分に降り懸かる可能性は平等に存在すると認識すべきです。

 

「自分だけ」が通用しない・・・それが四十肩、五十肩なのです。


関連ページ

現代病の腱鞘炎とうまく付き合う
現代病の腱鞘炎とうまく付き合う方法について紹介しています。
関節痛は一生もの、向き合って改善を
関節痛は一生もの、向き合って改善を
筋肉を付けると痩せる?基礎代謝量との深い関係
筋肉を付けると痩せる?基礎代謝量との深い関係
体のあちこちの痛み・・・それは骨盤の歪みが引き起こす!
体のあちこちの痛み・・・それは骨盤の歪みが引き起こす!
即死もありえる!?静脈血栓塞栓症の危険性について知る
即死もありえる!?静脈血栓塞栓症の危険性について知る
「真っ直ぐ」がかえって問題!?ストレートネックという現象について
「真っ直ぐ」がかえって問題!?ストレートネックという現象について
少しずつ骨を蝕み脆くなる・・・骨軟化症の原因と治療法について
少しずつ骨を蝕み脆くなる・・・骨軟化症の原因と治療法について
生活習慣は「足」にも影響を!閉塞性動脈硬化症の概要と治療法について
生活習慣は「足」にも影響を!閉塞性動脈硬化症の概要と治療法について
サラサラで健康的な血液を保つ方法
サラサラで健康的な血液を保つ方法
糖尿病患者だけのものじゃない?低血糖症の概要と改善方法について
糖尿病患者だけのものじゃない?低血糖症の概要と改善方法について

トップページ サイトマップ