「真っ直ぐ」がかえって問題!?ストレートネックという現象について

「真っ直ぐ」がかえって問題!?ストレートネックという現象について

近頃「首」の調子は悪くありませんか?そしてもう一つお伺いしたのですが、あなたは常に携帯電話やスマホを触っていませんか?

 

もし二つとも当てはまるなら、もしかすると「ストレートネック」の可能性があります。聞き慣れない、若しくは一度も耳にした事がない言葉だと思います。

 

よって今回はストレートネックを「新たに」知り、その原因と解消法を突き止めましょう。

 

ストレートネックとは?

 

ストレートネックとは、厳密には疾患名ではなく「状態」を指します。

 

「頚椎の湾曲角度が30度に満たない」が定義となり、正式には頸椎後弯変形と呼ばれています。

 

正常な頚椎の湾曲角度は40度程度であり、そこから10度以上も首が直線状態に近づく事から、「ストレート」という名称が付けられています。

 

時に、完全に真っ直ぐな状態、若しくは「逆に湾曲する」事もあります。

 

そして、首が湾曲から直線状態に近付くという症状だけでなく、それに伴って首周囲の筋肉に負担が掛かった事により、筋緊張(こり)も呈します。

 

原因と症状

 

原因は様々ですが、ここ近年で増加している原因として、「スマホの使用」が挙げられます。

 

スマホはその機器的な性質上、どうしても首を下に向けて操作をします。

 

その為、首を下に向ける事が慢性化した事により、自然な首の形が少しずつ失われていくのです。

 

その他の原因として、極度に姿勢を矯正する必要がある競技(バレエ等)を行っている場合や、スポーツ等による首への衝撃、車両事故等、加齢によるもの、頚椎症等の首の疾患から起こる場合もあります。

 

症状としては、首の痛み、首の可動範囲の減少、頭痛や嘔気、めまい、手の痺れなどが現れ、時に自律神経失調症に進展する事があります。

 

そして最大の問題は、多くは自分が「ストレートネックである事を気付かない」という点です。

 

その他の疾患等であればある程度目安が付くものの、ストレートネックに関しては具体的な検査や診断を受けなければ発覚する事はありません。

 

自分を鏡で見たところで、首がストレートになっている事など気付かないでしょう。

 

解消方法

 

要は、「首の湾曲を元に戻す」という方針で改善を試みる訳ですので、その為の方法を行わなければなりません。

 

ですが、個人で湾曲を戻そうとするには専門的な知識を必要とする為リスクが高く、出来る事なら整形外科に相談するのが望ましいと言えます。

 

整形外科に受診した場合、首部の牽引が主な治療法となります。

 

筋緊張をほぐし、首の骨の間を拡張し少しずつ元の湾曲に戻します。

 

日常の注意点については、医師から説明を受ける事になりますのでしっかりと聞いておきましょう。

 

その他、マッサージも改善方法の一手となります。

 

整形外科でもそうですが、まずは首の筋緊張をほぐさなければ湾曲が元に戻る事はありませんので、そこを重点的に攻めるのが第一歩となるのです。

 

ただ、筋緊張をほぐしたいあまり、過度にマッサージに通うのはやめておきましょう。

 

筋弛緩を誘発し、姿勢を保つ事が出来ずに姿勢不良を余計に促してしまいます。

 

なお、整体やマッサージに行くのもいいのですが、お金がかかりすぎるのは問題です。また、時間を作るというのもなかなか難しいですよね。

 

であれば、ストレートネック枕というものもあり、自宅でのセルフケアができるのでそちらを一度試してみるのもいいですよ。

 

まとめ

 

ヒトの体は不思議なものです。首が真っ直ぐになるだけで様々な症状を現すのですから。

 

しかしこれは、ヒトの体が絶妙なバランスで成り立っているという確かな証拠となるのではないでしょうか?

 

そのバランスを崩さないよう心掛ける事が、健康への最低条件となるのだと言えます。


関連ページ

現代病の腱鞘炎とうまく付き合う
現代病の腱鞘炎とうまく付き合う方法について紹介しています。
関節痛は一生もの、向き合って改善を
関節痛は一生もの、向き合って改善を
筋肉を付けると痩せる?基礎代謝量との深い関係
筋肉を付けると痩せる?基礎代謝量との深い関係
体のあちこちの痛み・・・それは骨盤の歪みが引き起こす!
体のあちこちの痛み・・・それは骨盤の歪みが引き起こす!
即死もありえる!?静脈血栓塞栓症の危険性について知る
即死もありえる!?静脈血栓塞栓症の危険性について知る
四十肩五十肩・・・年齢から来る肩の痛みに注意!
四十肩五十肩・・・年齢から来る肩の痛みに注意!
少しずつ骨を蝕み脆くなる・・・骨軟化症の原因と治療法について
少しずつ骨を蝕み脆くなる・・・骨軟化症の原因と治療法について
生活習慣は「足」にも影響を!閉塞性動脈硬化症の概要と治療法について
生活習慣は「足」にも影響を!閉塞性動脈硬化症の概要と治療法について
サラサラで健康的な血液を保つ方法
サラサラで健康的な血液を保つ方法
糖尿病患者だけのものじゃない?低血糖症の概要と改善方法について
糖尿病患者だけのものじゃない?低血糖症の概要と改善方法について

トップページ サイトマップ