「嗜好品」は決まって健康に悪いのか?ケースバイケースの考え方

「嗜好品」は決まって健康に悪いのか?ケースバイケースの考え方

お酒、タバコ、お菓子など・・・現代には嗜好品が溢れており、気分転換などに広く使われています。

 

ですが、どの嗜好品も「過ぎると」健康を害すると認識されており、「ほどほどに」を強いられているのが現状です。

 

では、どの嗜好品も決まって体に悪いのでしょうか?

 

ケースバイケースでもっと上手く嗜む事は出来ないのでしょうか?よって今回は、嗜好品との付き合い方について考えます。

 

嗜好品とは?

 

要は、「自分の好きな事(物)」「気分転換になる事(物)」を総じて嗜好と言い、その為のアイテムを嗜好品と言います。

 

それを嗜む事でストレスが解消されたり、気分を良くする効果があります。

 

冒頭で一部嗜好品を記述しましたが、お酒やタバコ、お菓子以外でもバイク等の乗り物など、定義に見合っているアイテムであれば全て嗜好品となります。

 

嗜好品は「悪」?

 

さて本題です。嗜好品は決まって「社会」ではさほど必要とされておらず、「仕事の能率を下げる」「集中力が欠ける」などの理由で疎外されます。

 

ですが本当にそうでしょうか?例えばタバコですが、基本「百害あって一利無し」と言われる嗜好品の中でも最悪のものと名高いタバコであっても、吸引する事で一時的に集中力を増すという現実もあります。

 

お酒もそうです。飲み過ぎは生活習慣病のリスクとなる危険度の高いものですが、「適度に」嗜む程度であれば逆に体に良い影響を与える事は周知の事実です。

 

お菓子も同じです。お菓子は概ね「糖質」であり、糖分は脳の唯一の栄養です。

 

これを適度に摂取する事で、逆に脳を活性化し集中力を高められるのです。

 

その他の嗜好品も全て同じだと言っても良いでしょう。

 

それを行う事で、気持ちをより良いものに出来る、ストレス解消になるのであれば、その後の仕事や勉学の励みになり、嗜好品とはむしろ推奨されるべきものなのです。

 

逆に、自分の好きな事が出来ない環境であった場合、どうなるか考えた事はありますか?

 

ストレスは溜まる一方、それに伴い欠ける集中力、上がらない能率、抜けない疲労・・・想像するだけで恐ろしい結果となります。

 

害の無い程度に

 

嗜好品が推奨されるべきとは言え、やはり「過ぎると」ろくでもない事になります。

 

やはり例にタバコが挙がりますが、喫煙する事で一時の集中力は高まりますが、やはりタバコそのものの害がとても大きいので、嗜むのはなかなか難しいところがあると言えます。

 

⇒ タバコ・禁煙の話

 

お酒もそうで、過度の飲酒は生活習慣病、肝疾患等に結びつくので、「適度さ」が求められます。アルコール中毒にまで至るのはもっての他でしょう。

 

⇒ 飲酒・アルコールと健康の話

 

お菓子も食べ過ぎれば肥満に繋がります。膵臓が休まらずに血糖値が上昇し続け、最終的に糖尿病になるかもしれません。

 

よって、体の健康だけでなく心の健康「も」同時に得る事が出来れば理想です。

 

逆に言えば、体の健康に影響がなければ、嗜好品などどれだけ嗜んでも問題無いのです。

 

まとめ

 

要は、嗜好品を控えてしまう事で体への害より「心への害」が上回れば、いくら健康に気を使っても意味はないのです。


関連ページ

音楽と健康〜体の調律〜
音楽と身体の関係について紹介しています。
何気ないことでも気をつけよう!
何気ないことでも気をつけよう!という話です。
からだに良いこと悪いことどっちもしよう!
からだに良いこと悪いことどっちもしよう!
中高年に出始める病気の疑いのある症状まとめ
中高年に出始める病気の疑いのある症状まとめ
ヘルスケアは日常生活から!ちょっとした心がけがあなたの健康を守ります
ヘルスケアは日常生活から!ちょっとした心がけがあなたの健康を守ります
乾燥対策に加湿器は必須アイテム
乾燥対策に加湿器は必須アイテム
気になる加齢臭には対策を!ただし、あまり気にしすぎるのはよくないですよ
気になる加齢臭には対策を!ただし、あまり気にしすぎるのはよくないですよ
栄養ドリンクでプラシーボ効果?
栄養ドリンクでプラシーボ効果?
いくつからでも若返り年を感じず数えない
いくつからでも若返り年を感じず数えない
若年層とのジェネレーションギャップを取り除く方法
若年層とのジェネレーションギャップを取り除く方法
健康なうちにできること・やりたいことを明確に!人生でもプライオリティが大切です
健康なうちにできること・やりたいことを明確に!人生でもプライオリティが大切です
人目を気にして運動できない…というのはもったいない
人目を気にして運動できない…というのはもったいない
健康な人でも不整脈になる可能性あり
健康な人でも不整脈になる可能性あり
健康促進快適人生ライフベスト7!
健康促進快適人生ライフベスト7!
風邪をひいて熱が出ていても解熱剤は不必要?「発熱」の意味を知る
風邪をひいて熱が出ていても解熱剤は不必要?「発熱」の意味を知る
知らない内に汗まみれ?多汗症の原因と症状等について
知らない内に汗まみれ?多汗症の原因と症状等について
あなたの子供は大丈夫?起立性調節障害について
あなたの子供は大丈夫?起立性調節障害について
アフターケアが大事!子供の熱性けいれんの注意点
アフターケアが大事!子供の熱性けいれんの注意点
子供も危険!?B型肝炎の概要と予防について
子供も危険!?B型肝炎の概要と予防について
老化の始まりは「出づらい尿」?前立腺肥大の原因や症状等
老化の始まりは「出づらい尿」?前立腺肥大の原因や症状等
「爪の形」から始まる様々な病気とその対処法
「爪の形」から始まる様々な病気とその対処法
栄養ドリンクに注意!摂りすぎは逆効果に
栄養ドリンクに注意!摂りすぎは逆効果に
「虫」があなたの健康を害す?注意すべき毒虫について
「虫」があなたの健康を害す?注意すべき毒虫について
頻発する立ちくらみに注意!思わぬ疾患が隠されている事も・・・
頻発する立ちくらみに注意!思わぬ疾患が隠されている事も・・・
マダニに厳重注意!重症熱性血小板減少症候群の恐怖
マダニに厳重注意!重症熱性血小板減少症候群の恐怖
地上最強のウイルス!エボラ出血熱の概要について
地上最強のウイルス!エボラ出血熱の概要について
締め付けられる胸の痛み!狭心症の概要について
締め付けられる胸の痛み!狭心症の概要について
自分では気付かない?腋臭症(わきが)の原因と対処法について
自分では気付かない?腋臭症(わきが)の原因と対処法について
尿の状態から分かる各疾患について
尿の状態から分かる各疾患について
世界で最も人間を殺める疾患!肺炎の原因と治療について
世界で最も人間を殺める疾患!肺炎の原因と治療について
子供だけの病気じゃない?手足口病の原因と治療について
子供だけの病気じゃない?手足口病の原因と治療について
寄生虫の代表格!回虫症の概要と治療法について
寄生虫の代表格!回虫症の概要と治療法について
日本でも感染の「可能性あり」?デング熱の概要と治療法について
日本でも感染の「可能性あり」?デング熱の概要と治療法について
「ウイルス」「細菌」「真菌」の基礎を知る
「ウイルス」「細菌」「真菌」の基礎を知る
一刻を争う様々な症状!アナフィラキシーショックの概要と対処法について
一刻を争う様々な症状!アナフィラキシーショックの概要と対処法について
思いもよらないところで!?一酸化炭素中毒の概要と対処法について
思いもよらないところで!?一酸化炭素中毒の概要と対処法について
誤飲に注意!色々な中毒を知る
誤飲に注意!色々な中毒を知る
「よくある病気」とは?かかる病気はほとんど決まっている!
「よくある病気」とは?かかる病気はほとんど決まっている!
どうして私が?女性最大の難題「不妊症」について@
どうして私が?女性最大の難題「不妊症」について@
どうして私が?女性最大の難題「不妊症」についてA
どうして私が?女性最大の難題「不妊症」についてA
どうして私が?女性最大の難題「不妊症」についてB
どうして私が?女性最大の難題「不妊症」についてB
妊娠への影響も!?子宮筋腫の原因と治療法について
妊娠への影響も!?子宮筋腫の原因と治療法について
あげたいけどあげられない!?乳腺炎の注意事項について
あげたいけどあげられない!?乳腺炎の注意事項について
壊死が広がる感染症!蜂窩織炎の原因と治療法について
壊死が広がる感染症!蜂窩織炎の原因と治療法について
悪性腫瘍(がん)の基礎知識について
悪性腫瘍(がん)の基礎知識について

トップページ サイトマップ