「よくある病気」とは?かかる病気はほとんど決まっている!

「よくある病気」とは?かかる病気はほとんど決まっている!

よくある病気」とよく耳にしますが、それが一体どのような病気であるかを知る方は一般には居ません。

 

それは医師のみが知り、私たちには知る由もないのですから。

 

ですが、実のところどのような病気がよくあるものと言われているのでしょうか?

 

今回はその疑問についてまとめてみました。

 

病気の総数について

 

病気と聞いて、一体どの程度の数を皆様は耳にした事がありますか?

 

恐らくではありますが、医療従事者でない方であればどれだけ思い出してみても20程度が限界だと思われます。

 

ではこの「病気」、世界中の全ての病気を数えたらどのくらいの数になるか分かりますか?500?1,000?それとも3,000?予想してみて下さい。

 

答えは、大よそではありますが20,000種を超えているそうです。「

 

風邪は万病の元」とは言いますが、文字通り「万」の数の病気がこの世には存在するのです。

 

確実に一般の方では知らない、知り得ない病気も存在するでしょう。

 

若しくは罹患者が少なすぎる奇病など、目にする、耳にする機会がまず無い病気の方が圧倒的に多いのです。

 

では、その中で最も罹患者の多い病気とは何なのでしょう?

 

致死率ではなく、過去最もヒトの命を奪ってきた、今も奪っている病気とは何なのでしょうか?

 

病気の1位

 

世界における死因の第一位は「感染症」です。

 

細菌やウイルスに感染する事で、肺炎等を発症し死亡するケースが海外では多いのです。

 

では日本における死因の第一位とは何なのでしょうか?

 

それは皆様もご存じの通り「がん」です。

 

一見がんは世界共通で最もヒトの命を奪うものと考えがちですが、実のところ世界では死因の三位であり、一位の感染症には遠く及びません。

 

これはどうも、日本が長寿である事が関係しているようです。

 

長寿であるという事はそれだけ細胞が老化するという事で、細胞の老化も「がん」の要因として考えられており、老人が「がん」で命を落とすのは必然だと言えます。

 

そして、日本では老人の人口割合が極めて多い傾向にあります。

 

それにより、死因の第一位が「がん」になってしまうのは致し方ない事なのです。

 

逆に、世界における第一位の感染症は日本においては2位にも3位にもランクインしていません。

 

この事により、一概に病気の1位は何かと判断しようとしても、その地域の風土や特性等により「1位」は大きく変化し、ナンセンスだと考えられます。

 

病気の1位を危惧するなら、「今自分が居る場所」を重要視する必要があります。

 

30種類が9割

 

病気は1位のものだけではありません。

 

1位は最も罹患する可能性が高い、罹患する傾向が強いというだけで必ずその病気になる訳ではなく、「1位」より「2位以下全ての病気」に罹患する可能性の方が高いのです。

 

ですが、その2位以下でもヒトが人生でかかる病気は概ね決まっているようです。

 

下記に箇条書きにします。

 

脳及び脳神経系

 

脳卒中、認知症、パーキンソン病、頭痛、不眠、うつ病

 

呼吸器系

 

呼吸器感染症、閉塞性肺疾患、喘息

 

消化器系

 

胃腸炎、消化性潰瘍、便秘、肝硬変、肝炎、胆石

 

循環器系

 

高血圧、虚血性心疾患、不整脈、

 

泌尿器系

 

尿路感染症、前立腺肥大症、慢性腎臓病、結石

 

内分泌及び血液

 

糖尿病、甲状腺機能異常、脂質異常症、痛風、貧血

 

免疫系

 

慢性関節リウマチ、じんましん

 

各種がん

 

実を言いますと、小さな診療所から大きな総合病院まで、病院にかかる全ての患者の90%は上記の疾患であるパターンなのです。

 

20,000以上の病気があるにも関わらず、(日本の場合)たった30が90%を占めているのです。

 

よって、日本人口のほとんどは上記30の病気「以外の病気」はかからないという意味にもなります。

 

残りの10%にはまってしまう方も居ますが、確率で言えば1/10であり9人はそこから漏れます。

 

上記30の多くは命に別状ありませんし、残りの10%にも命に別状の無い、完全に治療出来る病気も多く存在するでしょう。

 

と言う事は、上記30の致命的な病気に気を付けて人生を過ごせば、まず病気で死ぬ事がない事が伺えるのです。

 

まとめ

 

上で紹介した30の病気を気に掛けるだけで、その寿命を飛躍的に向上させる事が出来るのであれば、積極的に学んでいくべきであると考えます。

 

ですが、「分かっていても・・・」が現実であり、なかなか上手くいかないのが普通なのです。

 

しかし、もしそれを達成する事が出来ればあなたは・・・


関連ページ

音楽と健康〜体の調律〜
音楽と身体の関係について紹介しています。
何気ないことでも気をつけよう!
何気ないことでも気をつけよう!という話です。
からだに良いこと悪いことどっちもしよう!
からだに良いこと悪いことどっちもしよう!
中高年に出始める病気の疑いのある症状まとめ
中高年に出始める病気の疑いのある症状まとめ
ヘルスケアは日常生活から!ちょっとした心がけがあなたの健康を守ります
ヘルスケアは日常生活から!ちょっとした心がけがあなたの健康を守ります
乾燥対策に加湿器は必須アイテム
乾燥対策に加湿器は必須アイテム
気になる加齢臭には対策を!ただし、あまり気にしすぎるのはよくないですよ
気になる加齢臭には対策を!ただし、あまり気にしすぎるのはよくないですよ
栄養ドリンクでプラシーボ効果?
栄養ドリンクでプラシーボ効果?
いくつからでも若返り年を感じず数えない
いくつからでも若返り年を感じず数えない
若年層とのジェネレーションギャップを取り除く方法
若年層とのジェネレーションギャップを取り除く方法
健康なうちにできること・やりたいことを明確に!人生でもプライオリティが大切です
健康なうちにできること・やりたいことを明確に!人生でもプライオリティが大切です
人目を気にして運動できない…というのはもったいない
人目を気にして運動できない…というのはもったいない
健康な人でも不整脈になる可能性あり
健康な人でも不整脈になる可能性あり
健康促進快適人生ライフベスト7!
健康促進快適人生ライフベスト7!
風邪をひいて熱が出ていても解熱剤は不必要?「発熱」の意味を知る
風邪をひいて熱が出ていても解熱剤は不必要?「発熱」の意味を知る
知らない内に汗まみれ?多汗症の原因と症状等について
知らない内に汗まみれ?多汗症の原因と症状等について
あなたの子供は大丈夫?起立性調節障害について
あなたの子供は大丈夫?起立性調節障害について
アフターケアが大事!子供の熱性けいれんの注意点
アフターケアが大事!子供の熱性けいれんの注意点
子供も危険!?B型肝炎の概要と予防について
子供も危険!?B型肝炎の概要と予防について
老化の始まりは「出づらい尿」?前立腺肥大の原因や症状等
老化の始まりは「出づらい尿」?前立腺肥大の原因や症状等
「爪の形」から始まる様々な病気とその対処法
「爪の形」から始まる様々な病気とその対処法
栄養ドリンクに注意!摂りすぎは逆効果に
栄養ドリンクに注意!摂りすぎは逆効果に
「虫」があなたの健康を害す?注意すべき毒虫について
「虫」があなたの健康を害す?注意すべき毒虫について
頻発する立ちくらみに注意!思わぬ疾患が隠されている事も・・・
頻発する立ちくらみに注意!思わぬ疾患が隠されている事も・・・
マダニに厳重注意!重症熱性血小板減少症候群の恐怖
マダニに厳重注意!重症熱性血小板減少症候群の恐怖
地上最強のウイルス!エボラ出血熱の概要について
地上最強のウイルス!エボラ出血熱の概要について
締め付けられる胸の痛み!狭心症の概要について
締め付けられる胸の痛み!狭心症の概要について
自分では気付かない?腋臭症(わきが)の原因と対処法について
自分では気付かない?腋臭症(わきが)の原因と対処法について
尿の状態から分かる各疾患について
尿の状態から分かる各疾患について
世界で最も人間を殺める疾患!肺炎の原因と治療について
世界で最も人間を殺める疾患!肺炎の原因と治療について
子供だけの病気じゃない?手足口病の原因と治療について
子供だけの病気じゃない?手足口病の原因と治療について
「嗜好品」は決まって健康に悪いのか?ケースバイケースの考え方
「嗜好品」は決まって健康に悪いのか?ケースバイケースの考え方
寄生虫の代表格!回虫症の概要と治療法について
寄生虫の代表格!回虫症の概要と治療法について
日本でも感染の「可能性あり」?デング熱の概要と治療法について
日本でも感染の「可能性あり」?デング熱の概要と治療法について
「ウイルス」「細菌」「真菌」の基礎を知る
「ウイルス」「細菌」「真菌」の基礎を知る
一刻を争う様々な症状!アナフィラキシーショックの概要と対処法について
一刻を争う様々な症状!アナフィラキシーショックの概要と対処法について
思いもよらないところで!?一酸化炭素中毒の概要と対処法について
思いもよらないところで!?一酸化炭素中毒の概要と対処法について
誤飲に注意!色々な中毒を知る
誤飲に注意!色々な中毒を知る
どうして私が?女性最大の難題「不妊症」について@
どうして私が?女性最大の難題「不妊症」について@
どうして私が?女性最大の難題「不妊症」についてA
どうして私が?女性最大の難題「不妊症」についてA
どうして私が?女性最大の難題「不妊症」についてB
どうして私が?女性最大の難題「不妊症」についてB
妊娠への影響も!?子宮筋腫の原因と治療法について
妊娠への影響も!?子宮筋腫の原因と治療法について
あげたいけどあげられない!?乳腺炎の注意事項について
あげたいけどあげられない!?乳腺炎の注意事項について
壊死が広がる感染症!蜂窩織炎の原因と治療法について
壊死が広がる感染症!蜂窩織炎の原因と治療法について
悪性腫瘍(がん)の基礎知識について
悪性腫瘍(がん)の基礎知識について

トップページ サイトマップ