突然の激しい腹痛や嘔吐!放置すれば命に関わる腸閉塞の概要について

突然の激しい腹痛や嘔吐!放置すれば命に関わる腸閉塞の概要について

突如身に降り懸かった腹痛と嘔吐、これは典型的な腸閉塞の症状です。

 

罹患者も多い、一般的な疾患であるにも関わらず、放置すれば死に至るという非常に危険な疾患です。

 

今回は腸閉塞について知り、いざ自分に症状が現れた際に速やかに対応が出来るようにしましょう。

 

⇒ 突然繰り返す下痢・・・隠されている疾患とは?

 

腸閉塞の仕組み

 

食物は、人の口から入り食道を通り、胃や腸を経由して最終的に便となって排出されます。

 

腸閉塞という疾患は、この過程における「腸」の部分で、食物により閉塞を起こしてしまう疾患です。

 

何らかの原因で腸に詰まった食物は、それ以降を経由せずにその場に留まります。

 

ですが、食物が留まっていたところで次の食物はいずれまた流れ込み、少しずつ腸は食物で一杯になります。

 

一杯になった腸は、それ以上食物を腸に溜め込む事は出来ないので、経由の前段階であるい胃にまで逆流する事になります。

 

この時点で「嘔吐」という症状となり、腸閉塞が発覚するのです。

 

当然、内容物が一杯の腸や胃は痛みを呈し、これは「腹痛」となって症状として現れます。これが腸閉塞の典型的な顛末となります。

 

原因と症状

 

腸閉塞は、腸に食物が詰まる事により引き起こされるのですが、通常食物程度が流れ込んだところで腸は閉塞を起こしません。

 

この場合、腸閉塞を起こす以前に何かしらの異常や疾患を抱えていたと考えなければなりません。

 

主な疾患として、腸捻転、腸の癒着、他臓器癒着による腸の圧迫が考えられます。

 

症状は前述した通り、「腹痛」と「嘔吐」が主なものです。これらは腸閉塞の典型的症状であり、初期症状だと言っても良いでしょう。問題は「その後」です。

 

腸閉塞が進行すると、さらに強い腹痛に加えチアノーゼや冷や汗なども見られ、最終的にショック状態に陥り死に至る可能性もあります。

 

呼吸や脈が弱くなってきた場合、それはショック状態を意味しますので、即救急車を要請するようにして下さい。

 

治療について

 

腸の疾患ですので、外科的処置が通常と思われますが、実際は外科的な処置に及ばずとも、ほとんどの腸閉塞は輸液のみを行いあらゆる経口摂取を停止すれば症状は治まります。

 

症状がひどい場合は、胃及び腸への吸引を行う事で、閉塞そのものを取り除く治療が行われます。

 

おならや便通があった時点で完治としています。(閉塞箇所から肛門までの通じが立証された為)

 

重症患者にあっては外科的処置もあるにはありますが、外科的処置自体が新たな癒着を作り出すので、腸閉塞患者に対しての外科的な処置は消極的な場合が多いようです。

 

なお、予防法というのはありません。強いていうなら、通じを良くするのが予防法となりますが、それでも腸閉塞のリスクを完全に0にする事が出来ないのです。

 

まとめ

 

腸閉塞は怖い疾患なのですが、これが意外と一般的なもので罹患車も非常に多く、医療機関では毎日のように新規の腸閉塞患者が現れています。

 

ですが死亡例は発症率から見れば少なく、これは医療技術や救急医療の進歩が背景にあり、これを上手く生かし有事の際はこれにあやかるようにしましょう。


関連ページ

つまらない生活にサヨナラ!便秘解消へ
つまらない生活にサヨナラ!便秘解消へ
腹痛でしんどい、もしかして何かの病気のサインかも?
腹痛でしんどい、もしかして何かの病気のサインかも?
おなかの痛みはただの便意?腹痛の要因とその対処法のまとめ
おなかの痛みはただの便意?腹痛の要因とその対処法のまとめ
健康診断で血便・・・?闇雲に怯えず正しい知識を身に付け速やかに検査を
健康診断で血便・・・?闇雲に怯えず正しい知識を身に付け速やかに検査を
あまり知られていない便秘解消法の落とし穴
あまり知られていない便秘解消法の落とし穴
突然繰り返す下痢・・・隠されている疾患とは?
突然繰り返す下痢・・・隠されている疾患とは?
睡眠中にお尻が痛む!?突発性肛門痛についての原因と仕組み
睡眠中にお尻が痛む!?突発性肛門痛についての原因と仕組み
痔よりも「もっとひどい痔」!?痔ろうの原因と治療法について
痔よりも「もっとひどい痔」!?痔ろうの原因と治療法について

トップページ サイトマップ