その症状はくも膜下出血かも!?原因と治療法について

その症状はくも膜下出血かも!?原因と治療法について

突然の強い頭痛、一体何が起きたかと思う事でしょう。頭痛を及ぼす脳疾患は様々ですが、一線を画した強い頭痛を訴えるその疾患・・・もしかするとその症状は、「くも膜下出血」が起こしているのかもしれません。

 

もし自分がそうなったら・・・今回はくも膜下出血について知り、的確な行動を取れるようにしましょう。

 

くも膜下出血の原因

 

脳の表面は、外表から硬膜、くも膜、軟膜という3つの膜に覆われています。くも膜下出血とはその名の通り、くも膜の下から出血が現れる事を言うのです。

 

くも膜下が出血する原因は、くも膜と軟膜の間に張り巡らされている血管の破裂となります。

 

脳にも栄養を行き届かせる為の血管が多くあり、そこに点在する「動脈瘤(こぶ)」が何らかの理由により裂けてしまうのです。

 

そうなると、くも膜と軟膜の間は血液で覆われる事になり、各症状を呈する事になります。

 

脳という重要な器官なだけに、重症度によっては直接命を脅かす可能性もあるのです。40歳代くらいの老化が始まる、働き盛りの男性に多い傾向があります。

 

その症状と対処法

 

よくあるくも膜下出血の症状で、「バットで頭を殴られた感じ」というものがあります。

 

これは言い得て妙で、出血により圧迫された脳が「直接的な」ダメージを受ける事により、このような極めて強烈な痛みを現すのです。

 

頭痛の他、嘔吐や嘔気、意識消失も起こします。ただし、くも膜下の出血の状況により症状が大きく変わるので、出血が軽度の場合は無症状の方も少なくはありません。

 

対処法としては、極めて強い頭痛を呈する事もあり速やかに救急車を要請するのが無難だと言えます。

 

ただし、その苛烈な頭痛故に意識消失も考えられるので、定期的な検診を大切にし、五感の異常があればすぐさま医師に相談するなどの事前行動が必要となります。

 

治療について

 

くも膜下出血はその特性上、症状を呈した後に発見が遅れてそのまま死亡するケースがある危険な疾患です。

 

ですが、事前行動等で発症前に診断された場合や、軽傷の状態で治療を進めた場合はほぼ完治に至ります。

 

治療の内容は、基本的には破裂した血管の処置が主になります。裂けている動脈瘤を閉じてしまう術式(クリッピング)が主流で、カテーテルを脳血管に挿れ動脈瘤を塞ぐ塞栓術の方式も行う場合もあります。

 

これに関しては、患者自身の年齢や血管の状態、動脈瘤の大きさ等やその他血管系の持病の有無により、選択される術式は変化します。

 

さらにくも膜下出血は再発しやすい疾患であり、その為の処置を取られる事もあるので、患者の負担は大きなものとなってしまいがちです。

 

いずれの術式にせよ脳への干渉が行われますので、患者にとっては非常に不安を抱える要素となりデリケートに扱われるべきものだと言えます。

 

まとめ

 

突然の激しい頭痛・・・自分の年齢等心当たりがある方は即座にくも膜下出血を疑って下さい。何故なら、この疾患は発症した場合にあまり猶予が残されていないからです。

 

疑いの時点で行動に出る事が、くも膜下出血から生き残る為の必要要素なのです。


関連ページ

脳梗塞の原因と症状、また、その治療法と予防法を解説
脳梗塞の原因と症状、また、その治療法と予防法を解説
てんかんの原因と症状、また、その治療法と予防法を解説
てんかんの原因と症状、また、その治療法と予防法を解説
生活習慣に潜む恐怖・・・脳卒中はあなたの足元に
生活習慣に潜む恐怖・・・脳卒中はあなたの足元に
人類史上最大の「痛み」?群発頭痛の恐怖について
人類史上最大の「痛み」?群発頭痛の恐怖について
脳梗塞の前触れ!?一過性脳虚血発作の原因と症状等について
脳梗塞の前触れ!?一過性脳虚血発作の原因と症状等について
脳腫瘍で最も多い「髄膜腫」の概要と治療法について
脳腫瘍で最も多い「髄膜腫」の概要と治療法について
子供だけじゃなくお母さんも注意!無菌性髄膜炎の概要について
子供だけじゃなくお母さんも注意!無菌性髄膜炎の概要について
「よくある脳疾患」じゃない!?小脳梗塞の概要について
「よくある脳疾患」じゃない!?小脳梗塞の概要について
日本脳炎の原因と治療及び「予防接種」の現状について
日本脳炎の原因と治療及び「予防接種」の現状について

トップページ サイトマップ