子供だけじゃなくお母さんも注意!無菌性髄膜炎の概要について

子供だけじゃなくお母さんも注意!無菌性髄膜炎の概要について

日本だけでなく、世界でも今なお髄膜炎に苦しむ子供が後を絶ちません。

 

基本的には「子供の病気」と言われている髄膜炎は、一度罹患すれば命を奪う可能性もある危険な疾患なのです。

 

ですが、大人も髄膜炎とは無関係でない事はご存じですか?

 

今回は、大人もかかる可能性のある無菌性髄膜炎についてその概要等をお伝えします。

 

無菌性髄膜炎の概要

 

無菌性髄膜炎とは、正式には無菌性髄膜炎症候群と言い、細菌や真菌ではなく「ウイルス」によって引き起こされる髄膜炎の一種です。

 

随膜とは、脳と頭骨の隙間に存在する膜で、脳側から「軟膜」「くも膜」「硬膜」とあるのですが、それらの一部若しくは複数が炎症を起こした状態を言います。

 

感染のパターンとしては、風邪を引き起こすウイルスであるエンテロウイルスが口や鼻から侵入し、それが頭部にまで至る事で発症します。

 

子供の病気と世間では認識されていますが、風邪に感染した子供から親(主に母親)に感染し、髄膜炎に至るケースも少なからず存在する為、注意が必要となります。

 

基本的に夏に多い疾患です。

 

同じく夏に多い風邪である「おたふく風邪」「ヘルパンギーナ」「手足口病」から合併症として髄膜炎を発症する為です。

 

原因や症状

 

原因は前述のとおり、エンテロウイルスが脳に至った事で髄膜炎を発症します。

 

ただし、通常の風邪から髄膜炎に至る可能性は著しく低く、その多くは特に気に留めずとも「通常の風邪」で終わります。

 

しかし、風邪の症状が出た頃に「首を前に動かせない」「意識状態が著しく悪い」など、髄膜炎の特徴的な症状が出た場合は速やかな医療機関への搬送が必要となります。

 

場合によっては救急車を利用する事も考えなくてはなりません。

 

その他、40度程度の発熱、頭痛、嘔吐など、通常の風邪でも見られる症状も現れます(既に風邪に罹患している為)。

 

その中で「明らかに通常の風邪とは違う症状」が現れた場合に警戒する必要があるでしょう。

 

治療法について

 

治療法については、ウイルス性である為抗生物質などは効果がなく、対症療法が主な治療となります。

 

大人の場合は症状を自覚し、すぐに対処する傾向にあるのでそれほど重症化するケースは少ないのですが、子供と比較すれば進行度という面で重症化しやすい傾向にあり、子供の髄膜炎と同じように考える事で一瞬の判断に失敗し、命取りになる可能性もあると考えて下さい。

 

早期に治療を行い、症状自体が軽い場合は1週間程度で完治しますが、重症化した場合は入院が避けられません。

 

入院中にも現れた症状をその都度治療していく事になりますが、結果的に時に死に至る事もあります。上手く回復に至れば一ヶ月程度で退院出来るでしょう。

 

まとめ

 

この髄膜炎もまた、子供の病気の例に漏れず大人には厳しい症状を呈します。

 

ですがそこは「大人」であり、症状が現れればすぐさまそれを訴える、それを対処出来るという有利さも備えています。

 

それを無駄にせず、あれこれ迷う前に医師に相談するようにしましょう。


関連ページ

脳梗塞の原因と症状、また、その治療法と予防法を解説
脳梗塞の原因と症状、また、その治療法と予防法を解説
てんかんの原因と症状、また、その治療法と予防法を解説
てんかんの原因と症状、また、その治療法と予防法を解説
生活習慣に潜む恐怖・・・脳卒中はあなたの足元に
生活習慣に潜む恐怖・・・脳卒中はあなたの足元に
その症状はくも膜下出血かも!?原因と治療法について
その症状はくも膜下出血かも!?原因と治療法について
人類史上最大の「痛み」?群発頭痛の恐怖について
人類史上最大の「痛み」?群発頭痛の恐怖について
脳梗塞の前触れ!?一過性脳虚血発作の原因と症状等について
脳梗塞の前触れ!?一過性脳虚血発作の原因と症状等について
脳腫瘍で最も多い「髄膜腫」の概要と治療法について
脳腫瘍で最も多い「髄膜腫」の概要と治療法について
「よくある脳疾患」じゃない!?小脳梗塞の概要について
「よくある脳疾患」じゃない!?小脳梗塞の概要について
日本脳炎の原因と治療及び「予防接種」の現状について
日本脳炎の原因と治療及び「予防接種」の現状について

トップページ サイトマップ