てんかんの原因と症状、また、その治療法と予防法を解説

てんかんの原因と症状、また、その治療法と予防法を解説

我が子の突然の意識消失・・・

 

それはもう両親からすればパニックになるのが当然です。ですが落ち着いて下さい。それはまず一過性のものであり、焦る事により適切な対応が出来なくなります。

 

まずはてんかんを知る事が、我が子に対する不安を払拭する手段となるでしょう。

 

今回はてんかんのお子さまを持つ皆様へ、てんかんに対する正しい知識をお伝えします。

 

てんかんの原因

 

一言で言えば「脳内における電気信号の異常」です。ニューロンと呼ばれる脳内神経細胞が、信号伝達の為に電気活動を行っている事はご存じかと思います。

 

何らかの原因でその信号伝達が乱れる、異常な活動や外部の刺激無しで信号伝達が行われる事により、てんかんの各種症状を呈するのです。

 

後天的なものを起因として発症する事もあります。よくあるもので「脳梗塞」、その他外傷等でも脳へのダメージが著しい場合は電気信号の異常を来す事があります。

 

後天的なもの以外は幼児に多く、8割は18歳以下で発症する模様です。

 

多種に渡る症状

 

てんかんの症状は極めて多種に渡ります。

 

大きく全般発作と部分発作に別れ、「強直発作(けいれん発作)」「欠伸発作」「ミオクロニー発作」「脱力発作」「点頭発作」の全般発作、「単純部分発作」「複雑部分発作」などの部分発作、さらに細かく分けるとキリがない程に症状が存在します。

 

その中で最もよく見られる症状として、「強直発作」と「欠伸発作」が挙げられます。強直発作はいわゆる「けいれん発作」であり、失礼な言い回しですがてんかん「らしい」、てんかんの代表的な症状であると言えます。

 

欠伸発作は、突如子供が「ボーっと」した事はありませんか?

 

呼びかけても触れても目はひとつの場所を見つめ、何も反応をしない・・・これもまたよくある症状なのです。

 

欠伸発作はうっかり見逃してしまう可能性があるので、怪しいと感じたら注視するべき症状です。

 

予防と治療について

 

てんかんの予防は、「睡眠」を置いて他ありません。

 

疲労や寝不足はてんかんを招き、症状の悪化に繋がります。てんかんは脳の異常である為、脳を休める、改善するという意味では睡眠が最も効果的なのです。

 

⇒ なかなか眠れないという方はこちら

 

自分のてんかんの「前兆」を知る方は、前兆が現れたら緊張を強く持つと良いでしょう。てんかんは気が緩んだ時に発病する事が多いので、その逆を行うのです。

 

治療については、基本投薬となります。ただし、長期間服用する必要があるので、患者の負担が大きくなるのが現状です。

 

ですが、小児てんかんの場合は予後が非常に良く、その多くは成人までに完治してしまうようです。

 

ただし、難治性と呼ばれるてんかんに限っては、生涯の治療を必要とします。もっとも難治性のてんかんは、小児におけるてんかん患者の1割程度です。

 

まとめ

 

100人の一人がてんかん患者と言われる現代、人事ではない事は容易に理解出来ます。

 

問題はこの病気が自分に降り掛かった場合だけでなく、他てんかん患者への「理解」を深める事も、我が国では必要な要素なのだと言えます。


関連ページ

脳梗塞の原因と症状、また、その治療法と予防法を解説
脳梗塞の原因と症状、また、その治療法と予防法を解説
生活習慣に潜む恐怖・・・脳卒中はあなたの足元に
生活習慣に潜む恐怖・・・脳卒中はあなたの足元に
その症状はくも膜下出血かも!?原因と治療法について
その症状はくも膜下出血かも!?原因と治療法について
人類史上最大の「痛み」?群発頭痛の恐怖について
人類史上最大の「痛み」?群発頭痛の恐怖について
脳梗塞の前触れ!?一過性脳虚血発作の原因と症状等について
脳梗塞の前触れ!?一過性脳虚血発作の原因と症状等について
脳腫瘍で最も多い「髄膜腫」の概要と治療法について
脳腫瘍で最も多い「髄膜腫」の概要と治療法について
子供だけじゃなくお母さんも注意!無菌性髄膜炎の概要について
子供だけじゃなくお母さんも注意!無菌性髄膜炎の概要について
「よくある脳疾患」じゃない!?小脳梗塞の概要について
「よくある脳疾患」じゃない!?小脳梗塞の概要について
日本脳炎の原因と治療及び「予防接種」の現状について
日本脳炎の原因と治療及び「予防接種」の現状について

トップページ サイトマップ