若年性アルツハイマーの原因や具体的な症状

若年性アルツハイマーの原因や具体的な症状

あれ?何か忘れているような?このような症状、一時的なら問題ありません。しかしこれが持続するなら・・・?それは若年性アルツハイマーの始まりかもしれません。

 

このような症状に心当たりのある方に、今回は若年性アルツハイマーの原因や具体的な症状等をお伝えしますので、早期治療の為に役立てて下さい。

 

若年性アルツハイマーとは?

 

若年性アルツハイマーの定義は、65歳以上が発症する「アルツハイマー性認知症」とは区別された、「若年性」の名の通り「65歳未満」で発病してしまうアルツハイマーを指します。

 

比較的女性に多く見られ遺伝の要素が強く、家族に罹患者が居る場合は「家族性アルツハイマー病」と診断されます。老人型のものより進行が早いのが特徴です。

 

その進行度により、早期発見と早期治療が極めて重要視され、如何に早期の時点で自分自身が若年性アルツハイマーと認識出来るか、如何に早急に医師への相談を決断し検査や治療を行うかが問われます。

 

原因や具体的な症状

 

原因は老人型のものと同じく「脳の萎縮」です。若年性の場合は遺伝による要素が強く、家族に罹患者が居た場合は現在症状が無くても一度相談すると良いでしょう。

 

何をきっかけとして脳が萎縮するかはまだ解明されていません。生活習慣も一因ではないかと言われているに止まっています。

 

症状は、初期として挙げられるのが「頭痛」「不眠」「不安感」「うつ状態」、進行すると「人の名前が思い出せない」「配慮に欠ける」「仕事に影響が出始める」、さらに進行すると「道に迷う」「文章がおかしくなる」「住所を忘れる」と、このように段階的に症状が進みます。

 

末期になれば、失礼な言い方ですが重度認知症のご年配の方と似たような症状を呈します。日常生活の困難、自分の事が分からないなどの症状を経て、最終的に脳の萎縮に伴い死亡します。

 

「不治の病」か否か

 

自分が若年性アルツハイマーに・・・もうそこには逃れられない死が待っていると考える事でしょう。実はこの病気、既に不治の病ではなくなっているのが現状なのです。

 

薬品等で進行を遅らせる事が出来るのはご存じかと思われます。ですがそれでは「進行を遅らせるのでは結局同じ」と考えられると思います。

 

しかしこれに加え、日常的な社会運動に参加したり、や積極的なDHAの摂取、生活習慣の改善等で発症そのものを抑える、進行を現状のまま食い止める事が可能なのです。

 

ただ、全ての若年性アルツハイマーに適合する訳ではありません。まだ症状の軽い段階であったり、「疑い」の状態であるならば、上記の対応でで十分そのまま人生を過ごす事が出来るでしょう。

 

さらに新薬の登場も見込まれています。ワクチンの開発も進んでおり、決して暗い未来ではないのが現状なのです。

 

まとめ

 

「アルツハイマー=老人」の考えは捨てて下さい。それが若年性アルツハイマーの早期発見の手段となります。

 

その先入観の有無だけで、あなたがもしこの病気を患った場合の予後が劇的に変化するのだと理解しましょう。


関連ページ

その物忘れ大丈夫ですか?認知症と加齢による物忘れの違い
その物忘れ大丈夫ですか?認知症と加齢による物忘れの違い
認知症ってどんな病気?その症状や予防方法について解説!
認知症ってどんな病気?その症状や予防方法について解説!
20代で物忘れが激しくなってきたのはなぜ?若年性健忘症の可能性も
20代で物忘れが激しくなってきたのはなぜ?若年性健忘症の可能性も
ピック病ってどんな病気なの?
ピック病ってどんな病気なの?

トップページ サイトマップ