ドライアイとは?その原因と対処法について

ドライアイとは?その原因と対処法について

近頃目の調子は悪くないですか?今パソコンの画面を見られているあなた、「最近目がかすむ」「目がごろごろする」などの症状がありませんか?

 

それはもしかすると「ドライアイ」かもしれません。一度なってしまうと面倒な事この上ないドライアイ・・・よって今回は、ドライアイのついての基礎知識を学び、予防や治療に生かしましょう。

 

ドライアイとは?

 

ドライアイは、分泌する涙の量が減少し、目を潤す機能が低下した状態を指します。目が乾燥する事により角膜等の重要部位が傷付きやすくなり、その後の視力低下に繋がるのです。

 

昨今その患者数は激増しており、2,000万人以上に達していると言われています。後述でも触れますが、ドライアイは現代病のひとつであり、PCやスマホ等の機器が蔓延した事がその理由である背景があります。

 

目は人間が持つ器官の中でも、生きていく上で最も重要な部分です。視覚情報は人間が得る情報の中で大半を占めており、その機能が衰えた際は得られる情報が激減する事を認識しておきましょう。

 

原因や症状について

 

前述しましたが、近年のドライアイの原因として最も多いのが「PC」や「スマホ」の使い過ぎが挙げられます。

 

その他、TVゲームの長時間プレイ、寝不足、コンタクトレンズの使用、乾燥した場所に身を置くなど、原因となる要素はそこら中に溢れています。要するに、「継続した目の乾燥状態」がドライアイを招くのです。

 

症状としては、「かすみ目」「目の疲労感」「まぶたの重み」「目の異物感」が代表的なもので、光を眩しく感じたり、目やにが多く出る事もあるようです。

 

放置した場合、ドライアイの多くは悪化します。ひどくなると、日常生活にも支障を来す場合があるので注意しましょう。

 

そして各症状が長期に渡った場合、それは「長期的な目の乾燥」が持続したという意味であり、最終的に角膜等を傷付け視力低下を招きます。

 

対処法や治療

 

対処の基本はやはり「目の乾燥を防ぐ」「目を疲れさせない」点にあります。

 

目の乾燥を防ぐ場合、加湿器などで乾燥対策を行い、意識的に瞬きをして目を潤す事が効果的です。パソコンやスマホを使用している場合、集中して瞬きが少なくなる事が多いので常に意識する事が重要です。

 

目の疲労に関しては、長時間OA機器等を使用する場合に休憩を何度も挟む、防腐剤の入っていない点眼を行う、目を冷やすなどの対策が効果的です。

 

治療となった際は、主に点眼が中心となります。ドライアイが重症の場合、既に角膜に傷が付いている場合が多いので、その場合は角膜の治療が必要になります。

 

もともとドライアイは「完治不能」と言われ、その多くはその後付き合っていくという考え方でしたが、近年の点眼薬の性能向上により改善の報告が多く挙がっているようです。

 

まとめ

 

目は当然のように自分の器官として存在している為、多くの場合意識されずぞんざいに扱われています。

 

しかし、少し考えればどれほど大切な器官が理解出来る筈で、それを改めて理解して「今から」大切にしていきましょう。目は一生モノなのです。


関連ページ

目が痛い・疲れがひどいと感じていませんか?その解消法をお伝えします
目が痛い・疲れがひどいと感じていませんか?その解消法をお伝えします
その肩こりや頭痛、もしかしたら目の疲れからきているかも!?
その肩こりや頭痛、もしかしたら目の疲れからきているかも!?
これこそ現代病!VDT症候群の概要について
これこそ現代病!VDT症候群の概要について
ただの疲れ目じゃない?眼精疲労とはどのようなものなのか
ただの疲れ目じゃない?眼精疲労とはどのようなものなのか
普段何気に使っているその目薬・・・本当に目に良いんでしょうか?
普段何気に使っているその目薬・・・本当に目に良いんでしょうか?
朝日が眩しすぎる?白内障の原因と治療法について
朝日が眩しすぎる?白内障の原因と治療法について
夜目が利かない?夜盲症(鳥目)の原因と治療法について
夜目が利かない?夜盲症(鳥目)の原因と治療法について
中高年の方はご注意!忍び寄る緑内障の原因と症状等について
中高年の方はご注意!忍び寄る緑内障の原因と症状等について
その感染力に注意!結膜炎の原因と治療法について
その感染力に注意!結膜炎の原因と治療法について
目を健やかに保つ為の「老眼」への対処方について
目を健やかに保つ為の「老眼」への対処方について
重度では失明の危険も・・・角膜炎の原因と治療法について
重度では失明の危険も・・・角膜炎の原因と治療法について

トップページ サイトマップ