これこそ現代病!VDT症候群の概要について

これこそ現代病!VDT症候群の概要について

ITが盛んになった昨今、目のトラブルに悩まされる方が極めて増加の傾向にあります。

 

そのトラブルのひとつに挙げられるのが「VDT症候群」であり、目の疾患としては最大級の患者数を抱えると言われています。

 

今回はそんな身近な病気、VDT症候群についてお伝えします。

 

VDT症候群とは?

 

VDT症候群とは、Visual display terminal(ビジュアル ディスプレイ ターミナル)の略語であり、パソコン等のIT機器の長時間使用により、身体に病状が現れる疾患です。

 

別名「IT眼症」「テクノストレス眼症」と言われています。

 

これこそ現代病の代表各と呼べるもので、近年パソコンやテレビ、スマホ等の携帯電話の普及に伴い、VDT症候群を患う方が爆発的に増えています。

 

その原因と症状について

 

原因はVDTの名の通り、パソコンの長時間作業によるものが大半となっています。長時間同じ姿勢で、長時間モニターを見続け、長時間単調作業を行う弊害なのです。

 

しかし現状、パソコン等のIT機器無しでの仕事や生活は考えられません。要するにこのVDT症候群はそれらを扱う者にとって逃れられない疾患であり、如何にケアを重要視していくかが問題となります。

 

症状は多岐に渡ります。目の疲労から始まり、目の痛み、乾き、かすみ、ぼやけ、視力低下、ドライアイ、他身体の症状としては首や肩のこり(筋緊張)、痛み、精神的な症状としては不安感、イライラ感、抑うつなどがあります。

 

目に関しては、長らく上記の症状が続く事によりドライアイの症状を示し、非常に面倒な事になるケースも多いようです。

 

治療や対策について

 

治療の場合、多くは目に症状が現れているので眼科を受診するのがベターとなります。眼科だけでなく、各々の症状に適した科目を選ぶ事が必要になるでしょう。

 

治療の内容は基本、「その症状に対する治療」が主となり、「VDT症候群の治療」という概念は存在しません。

 

ドライアイなら点眼やプラグ、肩こりなら入浴やマッサージ、不安感なら心療内科等のカウンセリングという、現れた症状をひとつひとつ片付ける形式となります。

 

予防や対策については、とにかく「休憩」を作業に挟むのが重要となります。その他、目やその他身体等に配慮したレイアウトを施したり、如何に自分の体に配慮しながら仕事を行うかを考えて行かなければなりません。

 

さらに、悪化させない為にも日頃の生活への配慮も必要となります。食事を改善したり、休日のケア、少しでも症状が現れた部分への対応など、可能な限りVDT症候群を意識して行動するのが最善の対策となるでしょう。

 

最終手段として、別の職種へ就く事も考慮しても良いでしょう。どれだけケアをしても、それだけ配慮しても改善するどころか悪化する一方な場合・・・

 

それはもう、その仕事があなたにとって限界なのかもしれません。

 

まとめ

 

このVDT症候群、市民権を得てからある程度年月が経ったにも関わらず、未だ職場環境は大きく改善されません。

 

政策がもっと働き盛りに傾けば、飛躍的にその罹患(りかん)者数は目減りするものと考えられますが・・・市民が虐げられるのはいつの世も同じなのだと、改めて分かる疾患だとも言えます。


関連ページ

目が痛い・疲れがひどいと感じていませんか?その解消法をお伝えします
目が痛い・疲れがひどいと感じていませんか?その解消法をお伝えします
その肩こりや頭痛、もしかしたら目の疲れからきているかも!?
その肩こりや頭痛、もしかしたら目の疲れからきているかも!?
ドライアイとは?その原因と対処法について
ドライアイとは?その原因と対処法について
ただの疲れ目じゃない?眼精疲労とはどのようなものなのか
ただの疲れ目じゃない?眼精疲労とはどのようなものなのか
普段何気に使っているその目薬・・・本当に目に良いんでしょうか?
普段何気に使っているその目薬・・・本当に目に良いんでしょうか?
朝日が眩しすぎる?白内障の原因と治療法について
朝日が眩しすぎる?白内障の原因と治療法について
夜目が利かない?夜盲症(鳥目)の原因と治療法について
夜目が利かない?夜盲症(鳥目)の原因と治療法について
中高年の方はご注意!忍び寄る緑内障の原因と症状等について
中高年の方はご注意!忍び寄る緑内障の原因と症状等について
その感染力に注意!結膜炎の原因と治療法について
その感染力に注意!結膜炎の原因と治療法について
目を健やかに保つ為の「老眼」への対処方について
目を健やかに保つ為の「老眼」への対処方について
重度では失明の危険も・・・角膜炎の原因と治療法について
重度では失明の危険も・・・角膜炎の原因と治療法について

トップページ サイトマップ