夜目が利かない?夜盲症(鳥目)の原因と治療法について

夜目が利かない?夜盲症(鳥目)の原因と治療法について

 

夜になると途端に目が利かなくなるという症状、身に覚えはありませんか?もしかすると、夜盲症(鳥目)の可能性があるので要注意です。

 

聞きなれない、珍しい病気と思われがちですが、昨今はその原因により罹患者数が少しずつ上向きとなっているのが現状です。

 

よって今回は、夜盲症(鳥目)についてその原因と治療法などについてお伝えします。

 

夜盲症(鳥目)とは?

 

単に「夜目が利かなくなる病気」と言っても差支えが無い程、その症状が主なものである疾患です。

 

いわゆる「鳥目」となり、暗闇に目が順応出来ない状態を言います。

 

本来人の目は、暗い場所に赴いても網膜がまもなく「暗さ」に順応し、僅かな光を利用して徐々に見えるようになります。

 

ですが、夜盲症患者の場合はこの網膜の順応に異常があり、暗い場所でも網膜が機能せず、明るい場所での機能そのままの状態を維持しているのです。

 

全く見えない訳ではありません。「見え辛い」程度であり、これが元で目への致命的な疾患に移行するような事はありません。

 

ですが、夜盲症患者は少なからず生活習慣に問題がある可能性がある為(後天性の患者のみ)、それを起因とした目の疾患を患う可能性がある事を理解しておいて下さい。

 

原因と症状

 

先天性の夜盲症に限り、原因は「不明」です。

 

先天性のものはほとんど解明には至っておらず、唯一「遺伝」が関係しているのではないかと言われている程度に過ぎません。

 

後天性の場合は、単に「ビタミンA不足」であるケースがほとんどです。

 

ビタミンAが欠乏する事で、夜目に必要なレチノールという物質が不足する為に後天性の夜盲症は引き起こされるのです。

 

症状は「夜目が利かなくなる」なのですが、それに伴い暗い場所で負傷したり、夜間に事故を起こす確率を大きく引き上げてしまうのも、二次的な症状として挙げられます。

 

ましてや夜盲症患者はその症状の特徴上、自分が夜盲症である事を理解するのが大きく遅れるので、その間の夜間の活動での事故遭遇率の上昇率は想像に難くないでしょう。

 

治療や予防

 

先天性の夜盲症に関しては治療の手立ては見つかっておらず、未だ謎に包まれたままです。しかも対症療法も存在しない為、治療に関する新たな情報を待つ状況となっています。

 

後天性のものに関しては、単にビタミンA不足である事が圧倒的なので、食事改善を行いニンジン等のビタミンAを多く含む食物を多めに摂取するのが治療方針となります。

 

サプリメントも一定の効果がありますが、ビタミンAをサプリメントで摂取する場合はついつい過剰になりがちですので、しっかりと説明書を熟読して適切な服用をしましょう。

 

 

なおビタミンAは過剰に服用すると、嘔吐、嘔気、頭痛の症状が現れる場合があるので注意して下さい。

 

過剰に摂取したところでよくなるわけではないので、あくまで適切な量を守ることが大切です。

 

まとめ

 

夜盲症という疾患自体、なかなか聞き及ばないものだと思います。それだけに認知度も低く、関連する知識を持つ方も極めて少ないと言わざるを得ません。

 

「今から」知識を備えるという事は、すなわち自分が夜盲症に罹患した場合に、慌てず対応出来るという安心を今から買っておけるという意味になります。



関連ページ

目が痛い・疲れがひどいと感じていませんか?その解消法をお伝えします
目が痛い・疲れがひどいと感じていませんか?その解消法をお伝えします
その肩こりや頭痛、もしかしたら目の疲れからきているかも!?
その肩こりや頭痛、もしかしたら目の疲れからきているかも!?
ドライアイとは?その原因と対処法について
ドライアイとは?その原因と対処法について
これこそ現代病!VDT症候群の概要について
これこそ現代病!VDT症候群の概要について
ただの疲れ目じゃない?眼精疲労とはどのようなものなのか
ただの疲れ目じゃない?眼精疲労とはどのようなものなのか
普段何気に使っているその目薬・・・本当に目に良いんでしょうか?
普段何気に使っているその目薬・・・本当に目に良いんでしょうか?
朝日が眩しすぎる?白内障の原因と治療法について
朝日が眩しすぎる?白内障の原因と治療法について
中高年の方はご注意!忍び寄る緑内障の原因と症状等について
中高年の方はご注意!忍び寄る緑内障の原因と症状等について
その感染力に注意!結膜炎の原因と治療法について
その感染力に注意!結膜炎の原因と治療法について
目を健やかに保つ為の「老眼」への対処方について
目を健やかに保つ為の「老眼」への対処方について
重度では失明の危険も・・・角膜炎の原因と治療法について
重度では失明の危険も・・・角膜炎の原因と治療法について

トップページ サイトマップ