朝日が眩しすぎる?白内障の原因と治療法について

朝日が眩しすぎる?白内障の原因と治療法について

今日も天気が良く、朝日を浴びた時に「あれ?今日はやけに朝日が眩しいな」・・・目に染みる程度なら可愛いものです。

 

ですが、眩し過ぎて目を反らしたり、見た後に妙に目がちかちかする場合、それは目に染みるどころか白内障の恐れがあります。

 

放置しておけば失明の危険があるこの白内障、この詳細を今回はお伝えさせていただきます。

 

白内障とは?

 

従来は「お年寄りの目の病気」と考えられていましたが、実際は40歳くらいからそのリスクは大きくなり、その年代で発症する可能性も高い大きな年齢幅で起こる疾患です。

 

もっとも、年齢も大きなリスクの一つあり、80歳代以上の方はほとんどが白内障を患い視力低下を起こしているのが現状です。

 

初期は白内障と気付く由もなく、年齢的に老眼が始まったのかと思う傾向にあり、早期発見を逃してしまう危険があるので症状を注視しなければなりません。

 

糖尿病やアトピー性皮膚炎を罹患されている方は、白内障の発症が若年層でも現れる可能性があり、それらの罹患者は目の状況も逐一確認しておいた方が無難だと言えます。

 

原因と症状

 

目の一部である水晶体が濁る事により、白内障は発症します。主に加齢により水晶体が弱り、徐々に濁りが現れるケースが多いのですが、何かしらの疾患を抱えている場合に限り年齢は無関係になります。

 

主に糖尿病、アトピー性皮膚炎、緑内障などの他眼病です。これらの疾患を抱える方に関しては、年齢というリスクより大きいリスクとなり、水晶体が濁りやすくなる傾向にあるのです。

 

症状は様々です。冒頭に記述した、光が眩しい、目がちかちかする、視界がぼやける、単純に見えにくい、物が二重に見える、かすみ目、メガネが合わないなど、「これが白内障の代表的な症状!」というものは存在しないので、これらの症状を鑑みて白内障かもと判断しましょう、

 

治療や予防

 

「目の治療」と言うと、直接目に干渉するというイメージで、非常に怖い気持ちになるかもしれません。

 

ですが実際は、30分程度で終わり即日に帰宅する事が出来るというレベルの手術であり、そこまで不安に思う必要はないようです。

 

ただし、手術こそ簡易なものではありますが、目の手術というのは「その後のケア」の方が重要である場合の方が多いので、術後の医師が話す注意点を絶対に聞き漏らさないようにして下さい。

 

その後は点眼したり、内服薬により経過観察となります。おおよそ、三か月程度で視力が回復するパターンが多いようです。

 

予防についてですが、主に白内障のリスクとなる疾患を治療、改善する方法がメインとなります。

 

何かしらの疾患を抱えていない場合は、ビタミンE等の目に効果のある食品を意識的に摂取する事が必要となります。

 

紫外線や赤外線と目が触れないよう注意するのも有効です。

 

まとめ

 

この白内障、ヒトとして生きる上で「いずれ必ずかかる病気」です。リスクとなる疾患を抱えてなくても、「目の経年劣化」でいつか必ず発症するのです。

 

その為、この病気に限り「他人事」は通用しないと理解し、今から少しずつでも白内障について覚えていっても損はありません。


関連ページ

目が痛い・疲れがひどいと感じていませんか?その解消法をお伝えします
目が痛い・疲れがひどいと感じていませんか?その解消法をお伝えします
その肩こりや頭痛、もしかしたら目の疲れからきているかも!?
その肩こりや頭痛、もしかしたら目の疲れからきているかも!?
ドライアイとは?その原因と対処法について
ドライアイとは?その原因と対処法について
これこそ現代病!VDT症候群の概要について
これこそ現代病!VDT症候群の概要について
ただの疲れ目じゃない?眼精疲労とはどのようなものなのか
ただの疲れ目じゃない?眼精疲労とはどのようなものなのか
普段何気に使っているその目薬・・・本当に目に良いんでしょうか?
普段何気に使っているその目薬・・・本当に目に良いんでしょうか?
夜目が利かない?夜盲症(鳥目)の原因と治療法について
夜目が利かない?夜盲症(鳥目)の原因と治療法について
中高年の方はご注意!忍び寄る緑内障の原因と症状等について
中高年の方はご注意!忍び寄る緑内障の原因と症状等について
その感染力に注意!結膜炎の原因と治療法について
その感染力に注意!結膜炎の原因と治療法について
目を健やかに保つ為の「老眼」への対処方について
目を健やかに保つ為の「老眼」への対処方について
重度では失明の危険も・・・角膜炎の原因と治療法について
重度では失明の危険も・・・角膜炎の原因と治療法について

トップページ サイトマップ